So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

玩具柄の小紋 [仕立て]

可愛い玩具柄の小紋です。

s-IMG_1612.jpg

久しぶりの反物からの仕立てです。

緊張感もって挑みます。


nice!(0)  コメント(0) 

浴衣二種

一番寒いこの時期に、浴衣を縫いました。

昨年の盛夏に、お気に入りの反物を手に入れたお客様から預かっていました。

ちょっと染め傷がありましたが、ぱりっとしてとても涼しそうな生地でした。

バンブー素材は、長襦袢などにも使われています。

とっても可愛らしい、こちらは娘さん用です。

s-IMG_1415.jpg

s-IMG_1416.jpg

お母さんの浴衣は総絞りです。

カラフルで華やかな感じの素敵な有松絞りでした。

s-IMG_1417.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

針供養しました [ごあいさつ]

2月3日(土)の午後

大慶寺さんの三光堂にてやって頂きました。

KOjaljy4.jpg

参列者は、和裁士、着付け師、リメイク作家さん、そして着物好きな方がた、と針を持つ方それぞれ7名いらっしゃいました。年々増えています。

折れた針、曲がった針、ミシン張り、と沢山の針を納めました。

住職さまのお経が流れる中を、お焼香でお線香を刺すように、この世で一番柔らかい物の代表で「お豆腐」に、一人ずつ針を刺していきます。

そのあとで、ありがたい御祈願も丁寧にして頂きました。

i3AQ1TrG.jpg

みなさん、何か憑き物が落ちたみたいとおっしゃり、晴れ晴れ、清清しい気持ちになったとおっしゃっていました。それほどに力強くありがたい物でした。(泣きそうになったという方も)

私も以前、針による怪我を数回しております。

間違うと大変危険な物です、この1年みなさんが元気で怪我もなく裁縫の上達まで欲張って御祈願していただきました。大変ありがとうございました。

1YLb5Fny.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

細帯を作りました [仕立て替え]

ご好意で親戚縁者から譲り受けた、付け下げと黒の絵羽織です。

27332033_1395501917260362_864925052546942909_n.jpg

27545431_1395501973927023_2083718866935844174_n.jpg

でも自分は着物は着ないので困ってしまった。。という方でした。

お祭りの衣装など縫わせて頂いている方なのでその時に締める「細帯」にしたら如何ですか?と提案。

帯になりますか?はい、柄の所を利用して芯を入れたら出来ますよと。

この柄が、締めた時に良い場所に出るように、それぞれの胴回りで変わってくるかもしれませんが・・

27540825_1396334930510394_579240671908044494_n.jpg

27544719_1396334950510392_4847345631946242309_n.jpg

配置も考えてやってみました。

柄が横向きになりましたが、こうやって生かす事も可能ですね!

27073150_1396335013843719_778330499488610545_n.jpg

27540423_1396335040510383_883543070240073663_n.jpg


27332031_1396335067177047_1215843075337578964_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

りんどう(帯結び) [着物でGO!]

今年も成人式のお手伝いに伺いました。

着付けの先生率いる、師範の諸先輩方の助手です。

早朝から順番にお嬢さん方が見えました。

脱いだ服をまとめて置いたり

着物、襦袢、小物と着せやすいように仕度して並べたり

紐を差し出す、ちょっとした手を添えたりと。。。

おかげさまで沢山の晴れ姿を見せて頂きました。

私が今習っている帯結びは「りんどう」


とても複雑で、難しい結びです。

が、とても好きです。

FullSizeRender-rinn.jpg

しっかり覚えたいです。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年  新春 [ごあいさつ]

穏やかな三が日となりました。

着物の世界も多様となりました。今年も色々と練りながらの仕事となりそうな予感がしています。
自分の出来る事を背伸びしないでやって行こうと改めて思っています。
いつまでも初心を忘れないように。今年もよろしくお願いします。

26165405_1371647709645783_6709042426821499538_n.jpg

新春らしく
26195950_1371647729645781_3247901432319475447_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

昭和の婦人雑誌の付録本から [手縫い教室]

普段、染色や機織り仕事をされるMさんが

着物にもんぺをはいて作業したいんですが、、

と相談を受け、以前この本をみて縫い上げたもんぺを思い出しました。

s-24900039_1349052021905352_5944995866780395012_n.jpg


裁ち図が頼りなんですが、、

文章の読解も中々難しかったです。。

すっかり忘れていたので、記憶をたどりながら・・・Mさんと研究してみる事に。。

s-24774669_1349051865238701_6098703096434688254_n.jpg

昭和28年発行、、広まる洋装の波の中でこのような本が付録本として作られていたんだ。。としみじみ。

まだまだ家庭で和裁が行われていたんですね。

私とMさんの挑戦やいかに!
nice!(1)  コメント(0) 

着物から道行コートへ [仕立て替え]

紬の着物をお預かりして

洗い張り屋さんに出して、表地のみ綺麗に洗っていただき、

丈が少し長い(膝丈より少し下くらい)道行を仕立てました。

着物からの仕立てなので、

立て衿の幅を繋げたり、道行の小衿も背中心で繋げました。

s-24068339_1346004878876733_7001651312405863784_n.jpg

お気に入りの着物を基準にして、

揃っていない長襦袢の裄や袖丈をお直しも

それに合わせての道行きコートです。

s-24176728_1346004818876739_4104912817520217953_n.jpg


これで寸法も揃い、サイズの心配なく、着用出来ますね。
nice!(0)  コメント(0) 

レトロ感漂う長羽織 [仕立て]

朱色に大きな半円

とても粋な感じです。ポリエステル生地です。

IMG_0301.JPG

針通りが硬くて、中々大変でした。

きっとお似合いだと思うOさんの着姿が楽しみです。

s-IMG_0308.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

初宮参り掛け着物→三歳男児祝着 [七五三]

初宮参りの掛け着物を少し手直しして三歳で着られます。

今までも実例を上げてきましたが、

今回は了承を得て、少し細かく紹介させて頂きます。

こちらが初宮参りに抱っこして上から掛けられた、長襦袢と着物です。

22635222_1514302151994283_978266602_n.jpg
素敵なご家族。。


s-IMG_0110.jpg
身丈も長く、中々の雄雄しい柄が素敵です。

まず、長襦袢です。
s-IMG_0113.jpg
水色の内袖が付いていますが、こちらは子供が着るには重くなるので取り外します。


付け紐もそのままの位置では上過ぎるので取り外し、中の厚紙もとります。
s-IMG_0114.jpg

そして、白い半襟を付けます。
s-IMG_0116.jpg

K君の身長と手の長さを測っていますので、それに合わせて「肩上げ」「腰上げ」をしました。
長襦袢は短めにします。
s-IMG_0117.jpg
先ほど取り外した付紐も所定の位置につけ直しました。 袖も丸みをつくりました。


さて、着物です。
s-IMG_0118.jpg

まず、袖がこうなっておりますので
s-IMG_0119.jpg

袖口下からくけて丸みを縫って作ります。
s-IMG_0120.jpg

「肩上げ」「腰上げ」をして付紐も付け直します。この時に帯を結ぶことを考え、少し下目にします。
s-IMG_0121.jpg

下に長襦袢を着て、着物、袴のみレンタルの予定です。

s-FullSizeRender-ko.jpg

お宮参りの着物を持っている方には是非このような案を提案させて頂きます。
(勿論女児も可能、女児は被布を着用します)

勿論、こちらは元のお宮参り着物に戻すことが出来ます。
そういった事が着物の作りの凄い所だと思います。
nice!(0)