So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

型染めの名古屋帯 [帯]

型染めの教室へ通っている方の作品をお仕立てさせて頂きました。

お太鼓部分に来る予定の仕上がりが、ちょっと納得出来ない。。。

とおっしゃるので・・

仕立てを工夫して場所を変えてみました。

s-30411765_1452372328239987_3266069637854396416_n.jpg


s-30623673_1452372348239985_8971425067678302208_n.jpg


s-30710727_1452372394906647_3365607673897680896_n.jpg


気になる部分は、胴に巻く半幅の奥の方へ・・
s-IMG_2224.jpg

とっても素敵です。
s-IMG_2225.jpg

生地も縫いやすくて良かったです。


nice!(1)  コメント(0) 

かがり帯 [帯]

いつもアンティーク着物などをとても素敵に着こなされているAさん。

とっても素敵な博多帯のかがり仕立ての仕事を頂きました。

お太鼓部分をAさんの好みの長さで折り返し、二枚重なった帯の耳を小さい目で、かがって行くのですが・・・

これが中々ココロが安定していないと目が揃いません。。。


糸が長いとやり難いし、からまったり、切れてしまったり、、中々手強いお仕事です。

まるで精神統一の修行のようなお仕事でした。

s-IMG_1860.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

夏帯 袋帯の芯入れとかがり [帯]

色々とお直し物や仕立て物をやらせて頂くKさんが

デパートで購入された夏の袋帯をお持ちになりました。

s-IMG_8747.jpg

さて、袋帯の芯入れ。。

とっても久しぶりでした。通常は「帯仕立ての専門店」に出される事が多いかと思いますが、やらせていただきました。

帯幅が、八寸二分でしたので五厘控えた幅に帯芯を裁ちました。

帯を裏返し、両脇の細い縫い代に綴じつけて行きます。

その長さは、4メートル以上です。

綴じ終わったら、帯の端を整えて少し中側を「ちどりがけ」します。
同じ大きさに揃えて、真っ直ぐやっていきます。
修行時代はこれが上手くできるまで、中々大変でした。


s-IMG_8748.jpg



s-IMG_8749.jpg

修行時代を思い出す久しぶりの仕事でした。



名古屋帯 [帯]

本当の初仕事はこちらでした。

何か新年にとてもふさわしいような西陣の名古屋帯です。

お太鼓部分に芯を入れて、表に返しこれから小端を返す途中です。

!cid_01@141030_175301@______F08B@docomo_ne.jpg




長年に渡り・・お姑さんからのお譲り着物やお直し、仕立て・・・お孫さんのお祝い着物まで・・・

いつもお仕事させていただいています。

着物が大好きなMさんの名古屋帯が出来ました。

10413345_625156664294895_2254330332554896507_n.jpg



総絞りの羽織りを名古屋帯に・・ [帯]

総絞りの羽織が大流行した時代がありました。

今は長羽織丈が人気で、そのままでもとても素敵と思いますが・・

以前の短い丈の羽織は、皆さん気が引けて中々着てくれないようです。

羽織丈を長く仕立て直す方法もありますが・・・

s-DSC_0018.jpg

今回は「名古屋帯」にという事でした。

s-DSC_0015.jpg


一番難しいのは、お太鼓と帯の前部分の柄の位置です。
s-DSC_0017.jpg




着用して頂くまで心配ですが・・


s-DSC_0020.jpg

素敵に着こなして頂きたいと思います。

s-DSC_0019.jpg

海賊船現る [帯]

先日着物のリサイクル店に行った。

店頭のワゴンにはお客さんが我先に!状態でとても近づけないので・・・


誰もいないお店に入ってのんびりと「帯コーナー」を見ていた。


すると、、、


何?これは?船??


ただの船じゃないぞ。。


「海賊船?」


うむーーー。この旗はそうだよ。


思わず見入った。


「欲しい。。でもこんな帯・・使う時あるの?また部屋に物がたまるよ。。」

天使か悪魔か?わからないが・・・色んな声が聞えた。

そして、そのまま帰宅。


次の日あの海賊船がちらついて・・・

気になって・・・

その次の日、またお店に行った。

何気なく見たら「有った」(笑)

s-IMG_2572.jpg

とうとう海賊船がやってきた。



名古屋帯 [帯]

名古屋帯にも色々あります。

こちらは「芯入り」で仕立てます。

s-IMG_8791.jpg

表を「お太鼓」部分と「半巾」の部分に縫います。

帯芯を表より少し控えて、耳を裁ち落とします。

お太鼓部分から芯を入れて綴じていきます。
s-IMG_8798.jpg

s-IMG_8799.jpg

s-IMG_8800.jpg

s-IMG_8801.jpg

整えていきます。
s-IMG_8802.jpg

s-IMG_8803.jpg

s-IMG_8804.jpg

s-IMG_8805.jpg
完成です。

こちらは「かがりの名古屋帯」です。
芯は入れないで、耳をかがりました。

s-IMG_8792.jpg

作り帯 [帯]

人から頂いた名古屋帯です。こちらもご自分で染めた物だとか。

よく使用したらしく、擦れた箇所が多々あります。でもこのデザインが好きなので締めてみたいのです。と・・。

問題は、胴回りが少し短かったのです。

それで、ここまで使われた帯だし思い切って「作り帯」にしますか?と提案。

私もそうですが、出かける時は・・直前まで用事をしていて時間ギリギリ。焦って着物をきたりまた名古屋帯を締めたりする場合。。この作り帯があるととても便利。

納得されて、このような形になりました。

s-IMG_8117.jpg

試着してみたら初めてだったご本人は、あら~楽だわ~~!嬉しい~~!と

良かったです。

名古屋帯 [帯]

染色の勉強をしていた友人から頂いた「染め帯」がずっとそのままになっていたと。。

s-20121112142620.jpg

とても素敵なデザイン。

染めた時のよごれがちょうど「お太鼓部分に出てしまうのです、どうしたらいいですか?」と。
s-IMG_8029.jpg

s-IMG_8030.jpg


思い切って切断。綺麗な部分と交換しました。
s-IMG_8033.jpg


秋にピッタリ・・赤い実が可愛らしいですね。

s-IMG_8031.jpg

s-IMG_8032.jpg

丸帯のこれから・・ [帯]

二人の着物大好きお姉さま方からお預かりしたのは・・・・これです!
値打ちのありそうなずっしりとした「丸帯」

s-IMG_6148.jpg

Nさんが縫い目を解き、中の分厚い「芯」を外してくれ、Tさんが「どうでしょうか?」とご相談にみえました。

s-IMG_6150.jpg
見て、触って・・・「う~~~ん。これを作りかえる自信は無いですね~~(~_~;)」と最初はお断りさせていただいた。

だが、毎日そこにあって見ていると「やってみようかな~」という気持ちになってしまった。

えい~~~っ!と思い切って、ハサミを入れた。

s-IMG_6151.jpg

まずは一枚を、Nさん用の半巾帯に挑戦・・・・
硬い、厚い、、、、果たして出来るのだろうか?不安がよぎる。
ミシンでしか縫えないと思い・・ゆっくりゆっくりミシンを進める・・大きな縫い目で縫って行く・・・。
それをひっくりかえすのが大変だった。そして口を閉じる。あれ?手縫いでくける方が楽だった・・。と知った。

s-IMG_6152.jpg


そして、Tさん用に「作り帯」に挑戦。
柄を確認して、細い部分とお太鼓部分をやってみた。紐を二本付けるのだが・・ミシン歯が立たず・・・。やはり最後は人の手で完成させた。ココで「針」と指貫の底力を再確認した次第です。

s-IMG_6156.jpg

s-IMG_6154.jpg

s-IMG_6159.jpg

何とか完成した。後は、二人がどう着こなしてくださるのか。。とっても楽しみにしている次第です。