So-net無料ブログ作成

お盆前の締めくくり浴衣と帯 [女性木綿・ゆかた]

お盆前の最後の仕立ては
この博多帯と浴衣でした。

パリッとして、柄は宝尽くしの縁起物、
そしてこれだけのシールが帯の内側に貼られていました。

シールを剥がして、内側に折込み、千鳥がけをして縫いとめます。

s-IMG_9468.jpg

s-IMG_9470.jpg

浴衣は小紋柄で「紅型調・源氏物語」というラベルがありました。
本染(注染)です。
このような表記が有る場合は、納品の時にお客様にお渡ししています。

s-IMG_9522.jpg

素材の表記もありますし、

洗濯のタグが付いているものは、下前の衿先近くに縫い付けます。

s-IMG_9523.jpg

小紋柄なので、柄合わせで悩む事も無かったのですが・・・
横に伸びるツタのような柄を、繋げるように置いてみました。

s-IMG_9454.jpg


浴衣と帯がとてもマッチしていると思いました。

s-IMG_9471.jpg


nice!(0) 

源氏車の襦袢 [お祭り衣装]

大祭りはまだ二年後ですが

とても良い生地にめぐり合っての祭り襦袢の仕立てをさせて頂きました。

大きな源氏車の絵柄の昔の長襦袢から

袖丈が長かったので、2着出来ました。

s-IMG_9140.jpg


nice!(1) 

レトロ感が素敵 [女性木綿・ゆかた]

ブログを見てくださっている方からの依頼でお仕立てさせて頂きました。

どうかすると、反物を持っていたが仕立てる機会が無かった。。

というような話しを聞きます。

今年はそのような浴衣に多く巡りあえたような気がしています。

Wさんの浴衣には、このようなラベルが・・・
FullSizeRender-yu.jpg

個人的にもとっても好きな柄でした。鮫小紋のような細かい点々(表現が下手ですみません)で描かれた模様でした。


もう一点は、ツバメです。あちこちにツバメが気持ちよく飛んでいます。
すこし染めムラがありましたので、着て目立たないような位置に考えながら、配置を決めました。

FullSizeRender-kata.jpg


この夏に、どちらも活躍されますように!



蜻蛉は勝ち虫! [女性木綿・ゆかた]

実は数年前から、知り合いのお店の在庫品の中にこの反物が有って・・

s-IMG_9141.jpg

とても好きで、何方か着ないかな~と思っていました。

今回!無事に素敵な女子中学生が着てくれる事になり!お仕立てさせてもらいました。


彼女は、お母さんとお姉さんと三人で歌う歌姫なんです。

蜻蛉は昔から「勝ち虫」

s-IMG_9142.jpg

戦国時代から、前だけにまっすぐ進む(飛ぶ)として、縁起物とされました。

彼女の、家族の縁起物となりますように!

s-IMG_9143.jpg


蜻蛉いっぱいの、紅白の市松柄。


亡くなったおばあちゃんの仕事を尊敬し、着付け師になる!と決めた小学生時代から着付けを習い・・・

どんどん自分で着ています。

s-IMG_9144.jpg

彼女の着姿が見れるのはいつ?

その日がとても楽しみです。

浴衣の事 [着物でGO!]

何時からだろう?
浴衣がTシャツ感覚で販売されるようになったのは。。

二十年前くらいだったか、地元の呉服屋さんが繁盛している時は、この時期は浴衣反物の売り上げが凄かった。仕立てて納めたら、はい!次はこれ!と次々に渡されたものです。

それから既製品が出回るようになって、、

帯や下駄とセットで、●●●●円!という激安浴衣が登場し・・

急速に浴衣の反物からの仕立てが。。無くなったんです。本当に数年間はまったく無しという時が。。。



そして、ここ数年「浴衣を買ったんだけど大きくて着れないから直してほしい」という若い女性がお見えになる事しばしば。。。

「柄が好きで買いました」

「店員さんに、フリーサイズだから大丈夫。って言われました」

着せてみたら、、、何コレ!BLサイズ。。



販売する方にお願い。。。

せめて、その方の身長や、体つき等考慮して販売していただきたいと思います。


そんな中ですが、昨年あたりから反物から仕立てた自分サイズの浴衣を着られる方が少し戻ってきたような気もしています。

DELRYJ1VoAABGJg.jpg

これからの花火大会やお盆などに向けて、今年も浴衣の仕立てが始まってきました。



おくみの柄と掛け衿の柄 [女性木綿・ゆかた]

おくみの柄です。

s-IMG_8955.jpg

s-IMG_8956.jpg

こちらの方が、違うお花が三角形のようになっていて・・
また目線が上にいくような気がしました。

そして、一番迷ったのが「掛け衿」です。4パターンくらいありました。

s-IMG_9013.jpg

s-IMG_9015.jpg

決めた位置はこれらと少し違います。

背中から袖付けはこうなりました。

s-IMG_9008.jpg

決まった一反の長さの布で、決めて行く事なのでその方の身長にもよりますし、または反物にキズが有ったりするとやりくりが限られます。

その時その時で、色々になるかと思います。


綿紅梅の浴衣 [女性木綿・ゆかた]

今、持っている浴衣を着てみて・・Mさんは色々な疑問があるという事でした。


各所の寸法を確認して、Mさんの希望に添った浴衣に仕立てられるようやってみます!

やはり、縫い手(場所?地方?)によって各所の寸法が違う場合もあるようです。

Mさんの浴衣は、おくみ下がりが私のやっている通常の長さより3,8センチ(一寸)短かったです。

そこが変わるだけでも、着易さが違ってくるのかな?

s-IMG_8954.jpg

なでしこと、朝顔、キキョウ、綿紅梅でとっても涼しげです。

s-IMG_8950.jpg

これから仕立てて行きます。


幅出し済みの反物を購入 [女性木綿・ゆかた]

着物大好きなKさんが、ネットで「幅出し済みの反物」をゲットされました。

絞りの浴衣反物です。

通常絞り浴衣は、絞りがかなり掛かっている状態で販売されます。

それを「幅出し」してから仕立てます。

裄が長くて、なるべく反幅を広くしたい場合はなるべく広げてください。となります。

s-IMG_8938.jpg
今回の状態、かなり幅が出されていました。なので、どちらかというと絞りが伸び過ぎている?感。

Kさんは、裄が女並みなので本来ならもっと幅が狭くて良かったのですが、、

このまま延びきった状態で仕立てても良いのですが・・

家でお洗濯すれば少し縮むでしょうが。。

反物の状態で、もう少しふっくらした絞りにした方が良いかな?とか。。

それで相談した結果、わたしが反物を水通し(水に暫く浸し、自然乾燥、アイロンはかけない)させていただきました。

s-IMG_8958.jpg

すると、反幅が2センチ縮みました。絞りも少しふっくらしたようです。

それから仕立てに掛かりました。

s-IMG_8964.jpg

s-FullSizeRende-kato.jpg

s-FullSizeRender-kato2.jpg

今回は既に幅出しがされていた特殊な場合です。
通常は販売店の方の判断に従ってくださるようお願い致します。

留袖の着付けは大変でした。(自装) [着物でGO!]

和裁を職業としているから、自前の留袖で

着付けを習っているから、自装して

と、頑張った当日。

s-IMG_8851.jpg

余裕を見て着始めたのですが、、(自分の前に義母に色無地を着せました)

着物を着るまでは何とか出来ました。

衣文の抜き具合

衿の比翼の出方

上前の裾の上がり具合

胸の家紋の高さが左右合っているか・・・等々

おはしょりも大丈夫。。

いよいよ帯、落ち着いてやろう~~夕べも練習しました。

ちょっと柄の出方があれ?っと思いまして二度目をやり直したんです。

そこらへんから、ちょっと焦ってしまいました。


ただお太鼓の形が納得行かないのに、出発の時間になり・・・

時間が迫って来たから、もう「やり直せない」と判断。

帯締めと帯上げはちゃんと出来ました。末広もさしました。



そして塵除けを羽織って車に乗りました。

静岡に到着。
所が駐車場から新幹線乗り場までが中々の距離。

新幹線で一時間。

品川で新幹線降りてからまた出口までが長距離。。。

ホテルに着いたと思ったら、夫がタキシードに着替えるので付き添い。。

アタフタしていて、お手洗いで一緒になった新婦のお母様に、やっと自分の気に成っている後ろの帯の山を見て頂いた。。

前向いてるから、後ろをそんなには見られないでしょう~と高をくくっていたら、、

新郎退場の時に、前に呼ばれて腕を組んでの退場サプライズ。。。


s-IMG_8849.jpg


「あの~お母さん着付けが崩れていますから、あちらで直しましょうか」とは言われはしなかったですが、

気になって仕方なかった。

もし、次回が有るなら今度こそ綺麗に着たいと思う。

s-IMG_8852.jpg


難しい柄ゆき [女性木綿・ゆかた]

こちらの浴衣柄は紅梅です。
浴衣では、花の季節は関係なく、夏でも桜や菊、梅、と柄が色々有りますね。

着られる方は、演歌歌手の方です。
親戚のお兄さんが選ばれた恒例のプレゼントの品なのです。
昨年はブルー系でしたので
今年は全く違う感じを選ばれました。

納涼祭やお稽古、ちょっとしたお出かけに着て頂けるでしょうか?

またしても「おくみ」の柄を決める時に腕組みしてしまいました。

あれこれ迷ってしまいました。

s-IMG_8505.jpg
斜めに繋がった感じ・・・


s-IMG_8508.jpg
似てますが、微妙に違います・・・


s-IMG_8510.jpg
あっさりし過ぎ??

s-IMG_8513.jpg
どうしたものだろう~~


柄の持って行き方、選び方によって

その浴衣の印象が全く違う。。

最終的に決めたのは、さてどれでしょう?

この夏祭りのステージで着て下さいました。演歌歌手、徳間ジャパンの「葵かお里さん」です。

とっても素敵な写真をブログからちょうだいいたしました。


170812KD.JPG

とっても素敵です!

こちらはファンの方から頂いた写真です。(昨年プレゼントされた浴衣です)

s-写真00230.jpg


どちらもお似合いでとても嬉しいです。
ありがとうございました。