So-net無料ブログ作成
検索選択

2017藤枝おんぱくが開催です。 [着物でGO!]

お天気にも恵まれ

恒例の着物プログラムが開催できました。

18033270_1173509819459574_2600083687561659966_n.jpg

藤の花はこれからです~

場所はいつもの「蓮華寺池公園」の菖蒲園の桟橋です。

今年は、準備等の配慮から前もってモデルさんをお願いしてのプログラムになりました。

今年の表紙の着物から銘仙やお召しなど

それぞれ雰囲気のある柄だったと思います。

C-B0TGVV0AABdnf.jpg

「温故知新博覧会」というテーマにふさわしく

家庭の中に、着物を知る人、伝える人が少なくなった今

着物は「振袖」と「浴衣」だけではなく、、気軽に普段着として楽しめる物~

たんすの中に眠っている着物から着てみませんか~?

着ている自分だけでなく、周りの人も喜んでくれますよ~

藤枝おんぱくのブログでも紹介されました。

↑こちらを!

そして今回は「藤枝市の陶芸センター」とコラボしていました。

おんぱくプログラム「陶の小物作り」から「陶器の帯留めが四種」

18057842_1295426430573857_6584919734218588735_n.jpg

コーディネートを引き立ててくださいました。

作ってみたい方は、参加募集していますよ~


↑こちらのサイトで詳細がみれます。








浴衣をやらねば・・ [女性木綿・ゆかた]

浴衣・・まだ早いですよね?って思われますが・・

昨年の夏終わりから「来年用にお願いします」と預かっていた反物がいくつか有ります。

まだまだ先ねと思っておりましたが・・・

今年の浴衣仕立ても実は入り始めました。

先ずは昨年からお預かりしている物を仕立て上げていきます。

こちら、随分とレトロ感があります!(というか、本物のレトロですね)
s-IMG_8023.jpg

東京染です。

裏表の区別ほとんどつきません。素晴らしい。

例によって、おくみの柄迷いました。

こちらと
s-FullSizeRender1.jpg


こちらです。
s-FullSizeRender.jpg

どちらがお好みでしょう・・
どちらに決めたのかはお客様のお楽しみに。

そして、もう一枚のこちらが仕上がっています・・・

IMG_7996.JPG

昨年夏に格安品でお求めになりました。

現代の片面プリントです。

ご自分に似合うパーソナルカラーの色合いで

とっても良くお似合いだと思います。

真夏の季節が待ち遠しいでしょうか・・。



ブログの読者さんがリアルなお客様に・・ [男物着物・ゆかた]

昨年の秋に、
家の前に出してある「和裁工房」という看板を見て・・

17796148_1153076361488010_344406041924824510_n.jpg

もしやココはあの「和裁工房の小枝」さんの工房なのでは?

と勇気を持って立ち寄っていただいた「着物男子」さん。

「時々拝見させて頂いてました!」嬉しいような恥ずかしいようなそんな出会いでした。


そして、

この度、リアルなお客様となって頂きました。

長身の細身さんなので、着物寸法で今まで色々と試行錯誤されたそうです。

寸法を測らせて頂き、気になる点をお聞きして・・

試着までドキドキでしたが、

とっても気に入ってくださりました。

17458063_1152680091542547_2861811481640592405_n.jpg

本当にお客様とのコミニケーションって大切だと思いました。


藤枝おんぱくに裁縫プログラムで参加します [ごあいさつ]

藤枝温故知新博覧会

通称「藤枝おんぱく」に 裁縫プログラムを作って参加します。

↑から情報をご覧下さい!

遠州木綿を使って、時代劇に出てくるような「前掛け」を仕立てます。
しかも、運針の練習代わりのプログラムです。

運針「波縫い」のコツを知りたい方は如何ですか?

受付は、
7日(金)正午から  web
8日(土)正午から  電話

一回三名ですので、7日に申し込んでくれた方が確実かと思います。
よろしくお願いします。

s-DSC_0416.jpg

s-DSC_0902.jpg


s-DSC_0896.jpg




訪問着の柄の事 [仕立て]

ご近所のおばあさんからお孫さんへと訪問着をお預かりました。

四姉妹という華やかな姉妹の何方が着ても良いように、、体つきが似通っていたら着る事が出来る!それが着物良い所でもありますね。

これから袖を作るところです。

s-17309225_1145368628940360_3095324279537933183_n.jpg

右肩から右袖の後ろが、こんなに賑やかなのには意味があります。

右利きが多い日本人。

より動く事の多い右手、、それに伴い右袖が一番ひらひらと動くからです。

それに対して・・・

右の前袖・・・無地。。。

s-17353617_1145368642273692_659129462793392618_n.jpg


後ろの柄を引き立たせる意味もあり、
左胸の柄も引き立てています。



振袖の袖丈をつめる [振袖]

依頼を受けても

「本当に短くして良いんですか?」と何度も確かめます。

袖を切っても大丈夫な物と大丈夫じゃない物が有ります。
小紋調、無地調、なら大丈夫ですが、、
振袖全体に大きく絵羽になっているような場合は、
その全体のデザインを、袖を切ることによって崩してしまう事になります。
中途半端な着物になってしまうので、
お断りさせて頂きます。

s-17190928_1136223636521526_8842775060356653120_n.jpg

このまま振袖として誰かに着て貰ってください。
アドバイスしています。

館林木綿きもの [手縫い教室]

昨年から、浴衣を習いたいというKさんへのアドバイス

浴衣だと夏の間しか着れないから、木綿の普段着物を仕立てたらどうですか?と・・

浴衣と同じ仕立て方でやりましょう。と

そこで、Kさんが見つけてきたのが「館林木綿」でした。

針通りも良く、柔らかい。。。

ハッキリ言って、浴衣の生地より縫いやすい!!



夏の間はお休みさせてもらいましたので、

半年くらい掛かりましたが、宿題を沢山こなして

とっても綺麗に仕上がりました。

s-16807602_1119276628216227_4229906405449553101_n.jpg


着姿を見せて頂くのがとっても楽しみです。

針の供養と、ご祈祷していただきました。 [ごあいさつ]

2月8日は、針供養の日です。

s-16508075_1113164262160797_6607230873073183262_n.jpg

修行中には、静岡の臨斎寺や浅間神社でやっていて
各先生方と先輩、後輩、この日ばかりは針休め!

晴れ着を着て、お参りの後は・・・

七間町や呉服町へ~

デパート巡り~

そんな楽しい思い出が蘇ります。

以前お世話になっていた会を抜けてからは、毎年一人で家でひっそりと豆腐に刺したりしていました。


今年は日頃お世話になっている「大慶寺さん」でやっていただける事になりました。
s-16427727_1112932508850639_8275797619389352249_n.jpg

s-16508848_1112932492183974_3222690789966926875_n.jpg


s-16652876_1279359422157695_212204673_n.jpg

ご近所で裁縫好きな若いママさんや、教室に習いに来ていますママさん、ビーズ手芸の先生、着物好きな整体師さん!参加してくれました。

実は、お寺での供養はずーーーーっと昔過ぎて、、記憶があいまいだったのですが、、

今回は、副住職さまのお経の声がより染み入りました。

s-16473332_1112998542177369_1773728818466860156_n.jpg

また副住職様が、百日の荒行をされている時に書いたというお経を巻物のようにして首から下げ、一人一人の頭の上から肩にかけてお呪いのようにご祈祷して頂きました。



また1年、針の怪我や事故のないようにやっていけると思いました。

羽織から道中着へ仕立て替え [仕立て替え]

大寒を過ぎ、もう直ぐ立春ですが、

一年で一番寒い時期です。

二枚続けて、仕立て替えをさせて頂きました。

s-16265951_1106578626152694_3422913922645792384_n.jpg

両方とも、羽織の折り返し部分から丈を出す事が出来ました。

羽織の衿を、立て衿に使います。

s-16406449_1106578639486026_4283149962023466158_n.jpg

羽織のマチを衿にします。(幅も丈も継いであります)

着物の衿に沿うような細い衿の道中着になります。

痛んだ八掛けの交換しました [お直し・色々]

歴史好き、着物大好きなTさん。

好きで購入したリサイクルの銘仙着物でしたが、

一度着ただけなのに、、裾が大変な事に。。

s-16105731_1092514257559131_848431784903011871_n.jpg

ブーツで着用したので、普通より摩擦が激しかったかもしれません。

裏おくみは、切れてもっとボロボロになってしまいました。

相談を持ちかけられました。もう一度着たいのです。って。



表の銘仙地の方は、割と丈夫でしたし胴裏も木綿でしたが切れたりはしていません。

なので、八掛けのみ交換する事にしました。

正絹では勿体無いので、ポリエステルの生地にしました。


s-15966216_1092514284225795_947057910672703798_n.jpg

中々の大工事です。

s-15941283_1092514310892459_744091206001181239_n.jpg

表とのつり合いが一番難しいです。中綴じが上手く出来るとほっとします。

最後に袖口布の付け替えも中々の大仕事でした。

s-15965153_1092514324225791_26224985295733747_n.jpg

Tさんは、このようなアンティーク着物をかっこよく着こなす方です。帽子やブーツもコーデしてとってもお似合いなんです。またそんな姿の時にお逢いしたいな~

s-15941507_1092514344225789_2463705298716513557_n.jpg

Tさんこれからも着物を楽しんでくださいね!