So-net無料ブログ作成
検索選択

振袖の袖丈をつめる [振袖]

依頼を受けても

「本当に短くして良いんですか?」と何度も確かめます。

袖を切っても大丈夫な物と大丈夫じゃない物が有ります。
小紋調、無地調、なら大丈夫ですが、、
振袖全体に大きく絵羽になっているような場合は、
その全体のデザインを、袖を切ることによって崩してしまう事になります。
中途半端な着物になってしまうので、
お断りさせて頂きます。

s-17190928_1136223636521526_8842775060356653120_n.jpg

このまま振袖として誰かに着て貰ってください。
アドバイスしています。

本番の振袖で練習しました。 [振袖]

トルソーにバスタオルを巻いて・・

仕立て上がった振袖でやってみました。

帯の幅出しも均等にしなくてはです。(汗)

15356533_1057263157750908_8661351254860897626_n.jpg

まだまだ課題はいっぱい。

恥ずかしながら、

15241997_1057263167750907_382739267125973966_n.jpg

載せておきます。。

ただ今練習中です。 [振袖]

私の親しい親戚の中で、唯一というか

母方の従姉妹(55歳)の長女のR。

今度成人式を迎えます。和裁の道に入って40年ですが、やっと親戚の女の子振袖を縫える事になりました。お母さんより身長も大きく体格が良いので、思い切って洗い張りしてもらい・・・
仕立て変える事にしました。

15181514_1052800341530523_886654774957377866_n.jpg


内上げと言って、残った丈を腰のあたりで縫いこんでありますので、それを伸ばして出すことにより身丈8センチ大きくすることができました。

身幅も広くしました。勿論裄も長くします。

この夏「振袖着るの面倒だな~」と言っていたRに、つい「おばさんが着せてあげるから、着て!」と言ってしまった立場上。。。

ただ今通っています着付け教室で、特訓うけています。(笑)

15241332_1051487978328426_2172666735294542214_n.jpg

これは、私の振袖です。

15192670_1051487994995091_4951025097419092243_n.jpg


本番までに上手になりますように。。。




振袖の仕立て替え [振袖]

新年早々に楽しみな出来事がありました。

三日に実家へ行くと、叔母と従姉妹とその長女が来ていて・・

久しぶりに会うので近況報告!

長女のRは、大学一年生でこの日も課題を持ち込み・・・

どうも勉強が好きみたいです。張り切っています。

ただ来年の成人式の話題になると・・・

トーンダウン「振袖とか着たくない!」と言う。体格も良いので、従姉妹のを着せようとしたが多分自分にはその着物は小さいので気が向かないのだろう~。気持は分かる。

「羽織ってみようか!」と言って、持ってきた振袖を当ててみたら・・・

s-IMG_3530.jpg


確かに身幅が足りない。身長も大きいからね~

そこで「大丈夫!Rの体型に合わせて仕立て替えしよう!」と提案。

R「大丈夫?出来るの?」

私「出来るよ!心配ないよ」

良く見たら、裏の八掛けにカビのような斑点が沢山。

s-IMG_3531.jpg

洗い張りして、八掛けは新しくする事になりました。

母方の親戚には男の子が多い中、たった一人の女の子

来年の凄い楽しみが出来ました!

久しぶりの総しぼりの振袖 [振袖]

一体何十年ぶり?というくらい久しぶりなお仕事です。


洗い張りした振袖をお預かりしました。

今はあまり目にしませんが、表布が伸びないように・・・ごく薄い布を表に裏打ちしてあります。

s-DSC_0790.jpg


チャコやヘラもしにくいですが。。。

s-DSC_0791.jpg



何か久しぶりなので楽しみな仕事です。

ふっくらとした膨らみがとっても可愛いです。

s-DSC_0841.jpg

どんなコーディネートになるのか?
楽しみですね!

s-DSC_0844.jpg

s-DSC_0846.jpg


久しぶりの振袖 [振袖]

最近は、レンタル振袖が当たり前のようになっていて・・

本当に久しぶりにお預かりしました。

友達の大切な姪っ子さんの物です。

s-DSC_0716.jpg


私にも友達にも娘は居ないので・・
何となく嬉しい出来事です。

寸法を見るためにお会いした姪っ子さんは、大学生でなんとま~可愛らしい。
素敵なお嬢さんでした。

柄はお母さんと二人で選んだそうです。
絢爛豪華、宝尽くしでもあり~
とても楽しみです。

まずは、地伸しからです
s-DSC_0720.jpg

背中、おくみ、脇、袖付け、掛け衿と全ての柄が合うように(絵羽)なっています。
娘さんの寸法を考慮しながら・・柄を合わせていきます。

s-DSC_0722.jpg

s-DSC_0723.jpg



s-DSC_0725.jpg


表見頃がぐるり~っと縫い上がりました。
s-DSC_0727.jpg


掛け衿です
s-DSC_0754.jpg


s-DSC_0755.jpg


裾にしつけをする所です。
s-DSC_0781.jpg


これは袖付けの柄も合わせます。
s-DSC_0787.jpg

長い袖です。2尺8寸です。
袖口布を付けました。
s-DSC_0788.jpg

s-DSC_0790.jpg

仕立て上がり、全体にたるみが無いか確認します。
s-DSC_0796.jpg

s-DSC_0800.jpg

長襦袢
s-DSC_0802.jpg


この振袖と共に、Y子さんのこれからの活躍が楽しみです。



振袖の袖丈直し [振袖]

成人式に着た振袖です。

妹さんも着用され、従姉妹さんも着てくれた・・・。

s-DSC_0253.jpg

結婚して、お母さんになって・・・

今度は、子供さんの七五三のお祝いの時に着るそうです。


この振袖は、最初から「袖を切る」事を前提にデザインされていました。


袖を切って「訪問着」になりました。

振袖の時には、柄が少なくて地味!と思われるかもしれませんが・・・

s-DSC_0254.jpg


返って帯や小物が引き立つ事など・・・良い所があります。



今、振袖はレンタルが主流ですが・・・

こうやって何回も袖を通すのも可能ですし、結婚してからも使えますね。


頑張る「ママ振袖」 [振袖]

最近は、新しい振袖の仕立てが殆ど無くなりました。

私だけでしょうか??

TVニュースラジオでも取り上げられていましたので・・・

きっと日本国中全体の流れだと思います。


レンタルの振袖は益々派手な柄になり・・。
本当に、その日1日だけ!着るという着物になってしまったような気がします。


本当は、昔は違いました。。。

成人式に着たら、友達や兄弟姉妹、親戚の従兄弟の結婚式に・・・

そして圧巻は自分の結婚式のお色直しに着用!そうして何回も活躍しました・・・

私などは、結婚が遅かったので10回近く着ました。(自慢?^^;)


成人式だけでなく、袖を短くして着られる柄や無地の振袖を選んだ方は結婚して子供が出来ても袖を切って着られています。

こちらは、三尺(約100センチ)の長さの袖を一尺三寸(49センチ)普通の長さに、そして柄部分は避けて無地の袖に縫い直しました。お子さんの卒園・入学に着用予定です。
s-DSC_0550.jpg


s-DSC_0554.jpg

0124.jpg




こちらは無地で、刺繡の背紋がひとつの振袖でした。当時19歳の自分で選んだ拘りの「染め色」は、20数年経ってもとってもお似合いでしたっ!

0123-n.jpg

柄が無くてこの無地が一見「地味」と感じても、実は「帯」や「帯揚げ」「帯締め」がとっても引き立つ振袖なんです。

0123-n1.jpg

今回思い切って、一尺六寸(60センチ)の袖丈にしました。(普通より長めです)この春に、親戚の披露宴にご出席です。楽しみですね。





そして袖を切らないで大切にとって置けば、娘さんや姪御さん、私のように友達の娘さんに着てもらえます!


私たちの昭和の振袖が今頑張っています。いよいよ活躍の時が来ました!

「ママ振袖」と言うらしい。。う~~ん、何か呼び方が気に入らないような気もしますが。。


以前から私が勧めている「母さんの振袖が着れますよ!」

それを分ってくれる親子が増えてくれたみたい。


裄を直したり、仕立て替えたり(全体の寸法直し)、染め替えたり(雰囲気変ります)

s-IMG_0849.jpg

s-IMG_0848.jpg

s-DSC_0520.jpg


そうやって、親子二代に渡って着られたら本当に嬉しいです。

s-DSC_0167.jpg


これからも見守って行きます。







母から娘に~振袖を [振袖]

中学まで同級生だったHさんの娘さんは・・

800グラムという体重でこの世に生まれ・・

大切に育てられました。

今は元気に大学に通っています。

ただ、小柄な為に通常の寸法では大きすぎます。

Hさんが着た振袖を娘さん寸法にお直しすることにしました。

s-IMG_0848.jpg

35年前の昭和の素敵な振袖です。

s-IMG_0849.jpg


Hさんは、当時呉服屋とお母さんが選んでくれたのを黙って着たから・・
本当はあんまり好きじゃなかったの。^^;という。

多分当時は、皆そんな感じだったかもしれません。

私はこのままでは気が進まないの・・雰囲気を変えたい・・・
何とかなるかしら?

染め替えてみる?

絞りだからできるかな?

娘さんは「これお母さんが着たの?まあ~私はそのままでも良いけど~~」

三人であれこれ話し合い「もり善」さんへ伺った。

すると、ご主人が「白い部分だけを黒く染めたらどうですか?」と。



想像でイメージを膨らませてみたら~~~

良いかも知れませんね!となった。


京都の染屋さんにだしていただき・・・・





s-DSC_0415.jpg
こんなに素敵にグレードアップした!

s-DSC_0426.jpg
くっきりと柄が浮き上がっているっ!



身幅をかなり狭くしてスリムな彼女に合わせてみた。

s-DSC_0417.jpg


s-DSC_0420.jpg
素敵です!




通常サイズややや大きめになっているレンタル品を着せられ・・・

補正だけで彼女がぐるぐる巻きになって苦しくなる事も無いと思う。


仕立て上がった振袖を抱え・・・

s-DSC_0520.jpg

二人は喜んで帰って行きました。

晴れ姿を楽しみに。。。

振袖大ピンチ! [振袖]

お陰様で、仕事も大分片付きまして・・・もう一息になってきました。

久しぶりの男物ウールアンサンブル仕上がりました。ウールの単衣といっても裁ち方や仕立ては難しい箇所があります。時々縫わないと忘れてしまうな・・と思いました。

s-IMG_8445.jpg

そこへ一本の電話が「来月の成人式に着るように、20年前の振袖を借りたのですが・・長襦袢の袖を「訪問着用」に短く切ってしまってあるのですが・・。(^_^;)どうしたらいいでしょうか??」

親戚の叔母さん(多分40代)の振袖は、それはそれは素敵で!このような古典柄。今時こんな振袖を着れるなんて!素晴らしい~~☆大切にしておけばこうして使ってもらえます。。

s-IMG_8449.jpg

s-IMG_8450.jpg

が、、、結婚して訪問着を作ったときに長襦袢の「袖を短くしてしまった」のでした。(ToT)/~~~

s-IMG_8451.jpg

うむ~~。じゃ、似たような生地で「振袖用の袖だけ作りましょう!」と提案。市内で35周年を迎え、在庫処分でお安くしますよ。いつも言ってくださっている呉服屋さん(志太のもり善さん)に電話。1万8千円の生地を8千円にしてくださった。お客様の了解を得て、購入。お陰様で柄も似たような感じ。

s-IMG_8452.jpg

袖だけ作って、見頃に付ければ成人式に間に合います。

振袖の丸みは大きいです。左が普通袖の丸みです。
s-IMG_8454.jpg

長さは約倍ですね。
s-IMG_8455.jpg

本当に似た生地だったので、違和感も無さそうです。
s-IMG_8456.jpg