So-net無料ブログ作成
検索選択
わたしのお宝 ブログトップ

アイロンの敷き布 [わたしのお宝]

ここ数年使っていた「アイロンの敷き布」がとうとう破れてしまった。
s-IMG_6172.jpg
良く見ると、布がこげている部分もあります。
修行時代は、師匠にいただいた使い古しの「毛布」を芯にしました。今は、厚手のウール生地を入れています。

s-IMG_6173.jpg

毎日、アチッチな温度で酷使しているから・・・。
布も弱っていたんでしょう。

破れてると使い難いのでやはり新調しなくちゃ。
薄い色合いで、可愛くて、すべすべな生地が良いな~(木綿ですよ)
いつもの糸屋さんへ行くと・・・
表のワゴンの中に、こんな可愛い布が~
s-IMG_6170.jpg

帰宅して早速・・破れた布を外し(芯はまた使います)交換して・・・ミシンかけ。

s-IMG_6174.jpg

とっても可愛い~~☆
時々仕事場にみえたお客様方から「わ~これは何を縫っているのですか?」と聞かれていました。
「アイロンの敷き布ですよ」と言うと・・「綺麗ですね~着物かと思いました~」って。
また、言われてしまいそう~~
s-IMG_6175.jpg

一番最初に「地直し」(布を平らに整える)する時のアイロン掛けや・・・
s-IMG_6192.jpg

仕事を終えたり、中座する時に汚れないようにカバー代わりに使ったりします。
s-IMG_6208.jpg

針と指貫(ゆびぬき) [わたしのお宝]

「針と指貫」は両方とも私には無くてはならない物っ!!

どちらかが無ければ・・もう~お手上げ。(~_~;)何も出来ません。

針や指貫・・・一体何時?どこから?使われたのでしょう?
やっぱりこれらもシルクロードから伝わったのでしょうか~?

「舶来の針」は・・・
舶来の縫い針が大和に伝来し売り始めた最初は天正四年
だそうです。500年くらい大昔の事ですが・・・

あの秀吉様が若かりし最初の仕事が「針売り」だったのです。
信長さまの草履を懐で温めるずっと以前ですから・・
戦国以前~平安時代~もっと前・・・そもそも衣服を着用するようになってから・・日本独自の「縫い針」はあったのでしょうね。


針の種類も色々ありますが・・
s-IMG_5051.jpg


最近はこの針を使っています。
曲がりにくく・・折れ難いような気がします。

s-IMG_5050.jpg

和裁は中指の「指貫」とセットで使います。
私はこのタイプ。
s-IMG_6165.jpg
仕事場に入れば、一番に指貫をはめます。

s-IMG_6164.jpg
針をこう持って・・・

s-IMG_6163.jpg
針の頭を「指貫」が押していきます。

どんなに固い生地でも・・ミシンの針が通らない生地でも・・・
縫えちゃいます。
s-IMG_6154.jpg

ありがとう~日々「針と指貫」に感謝です。



裁ち台 [わたしのお宝]

お宝?というべきか??
仕事で無くてはならない「裁ち台」です。

s-IMG_4789.jpg

和裁所を卒業する時に求めました。一枚板だと相当なお値段でしたので・・
私のは二枚板です。裁ち台専門の職人さんから求めました。
あれから・・30余年・・・何回も削ってもらったりしましたが・・・
ヘラの後が凄いです。当然両面が使えます。
夫の正月休みにお願いしてやすりをかけてもらいました。

二枚の板を時々交換して使っています。
s-IMG_4790.jpg

ちょっとすべすべ~~綺麗になりました。
ありがとう~

夏休みのお稽古は・・特別授業! [わたしのお宝]

以前、わたしのお宝のカテゴリーで紹介した。麻のバックがとても可愛いので・・

少し研究しながら生徒のじんじんと作ってみました。

生地は、私がおばから頂いた昔着物「銘仙のはぎれ」。
銘仙は、ぱりっとしていて良いかな?この柄大好きです。

s-IMG_3579.jpg

じんじんのは、私がリサイクル屋さんで見つけたやはり「銘仙のはぎれ」まだ若いから可愛い赤で!

s-IMG_3580.jpg

裏地は、残っていた端切れを使用。持ち手は手芸やさんで購入。

さて、どうでしょうか?

出来上がり品を良く見て、型紙を作りました。案外布が要ります。
持ち手の所に沢山のダーツのように折り込んであり・・そこが難関!と思いました。

s-IMG_3583.jpg

案の定・難しいです。

s-IMG_3581.jpg


しかし、頑張りました!悪戦苦闘の結果。完成。

s-IMG_3584.jpg

リバーシブルにもなるようにしてみました。

s-IMG_3585.jpg

で、これは難しいので・・当分作らないと思います。(笑)





タマムシペンダント [わたしのお宝]

s-IMG_2867.jpg

タマムシは昔から縁起の良い言い伝えがあるそうで・・・
持っていると「女性は恋が叶う」
タンスに入れておくと「着物増える」「虫がつかない」「幸せになる」と好まれてきたそうです。

そんなタマムシを使ってペンダント作れますよ~~と聞いたからには・・・行かなくちゃっ!!

と、今日は蓮花寺池公園の博物館へGO!

s-IMG_2861.jpg

タマムシの羽を使って製作してきました。小さな柄はシールです。綺麗に出来ました。

横倉さんの皮のBAGと小物展!(こころ庵) [わたしのお宝]

s-IMG_2691.jpg
気になっていた「横倉さんの展示」に出かけてきました。
以前から仲間内で流行っていたバック。
みんなここぞ!という時に腰に下げて使っている。。
羨ましい~と思っていた。(笑)
ご近所の古民家ギャラリー「こころ庵」で先週から始まっていた。
インフルエンザも完治したので、堂々と出かけられる。(笑)

s-IMG_2690.jpg
今日は作者の横倉さんもみえて、サービスで名前を彫ってもらえるんだって!!
やった!

s-IMG_2692.jpg
お店の中は、カラフルでとっても素敵な作品ばかり~~~
皮のイイにおい~~
そして、こころ庵の自慢の着物たちと見事に溶け合っていた。

一緒に行った友達に見てもらう。縦型と横型、どっちが似合うかな?
s-IMG_2693.jpg
そして、これに決めました!
腰に、肩にと掛けられるかっこいいバックでしょう~
細いベルトだけど、身体にぴたりと密着。
コンサートの時など、とっても便利そう~
右の小さなお財布は前から使っていてとってもお気に入り

c0101149_22555351.jpg
横倉さんが名前を入れてくれた。
浜松美術館に近くに工房があるそうだ。
また浜松に行く楽しみが増えました。

こころ庵では、14日までですよ!
わたしのお宝 ブログトップ