So-net無料ブログ作成

初宮参り掛け着物→三歳男児祝着 [七五三]

初宮参りの掛け着物を少し手直しして三歳で着られます。

今までも実例を上げてきましたが、

今回は了承を得て、少し細かく紹介させて頂きます。

こちらが初宮参りに抱っこして上から掛けられた、長襦袢と着物です。

22635222_1514302151994283_978266602_n.jpg
素敵なご家族。。


s-IMG_0110.jpg
身丈も長く、中々の雄雄しい柄が素敵です。

まず、長襦袢です。
s-IMG_0113.jpg
水色の内袖が付いていますが、こちらは子供が着るには重くなるので取り外します。


付け紐もそのままの位置では上過ぎるので取り外し、中の厚紙もとります。
s-IMG_0114.jpg

そして、白い半襟を付けます。
s-IMG_0116.jpg

K君の身長と手の長さを測っていますので、それに合わせて「肩上げ」「腰上げ」をしました。
長襦袢は短めにします。
s-IMG_0117.jpg
先ほど取り外した付紐も所定の位置につけ直しました。 袖も丸みをつくりました。


さて、着物です。
s-IMG_0118.jpg

まず、袖がこうなっておりますので
s-IMG_0119.jpg

袖口下からくけて丸みを縫って作ります。
s-IMG_0120.jpg

「肩上げ」「腰上げ」をして付紐も付け直します。この時に帯を結ぶことを考え、少し下目にします。
s-IMG_0121.jpg

下に長襦袢を着て、着物、袴のみレンタルの予定です。

s-FullSizeRender-ko.jpg

お宮参りの着物を持っている方には是非このような案を提案させて頂きます。
(勿論女児も可能、女児は被布を着用します)

勿論、こちらは元のお宮参り着物に戻すことが出来ます。
そういった事が着物の作りの凄い所だと思います。
nice!(0) 

ゆめのちゃんの三歳の着物 [七五三]

友達のお孫さんのお祝いでした。

以前も書いていますが、お宮参りの着物を
14502692_1010490632428161_441291338304771067_n.jpg





改良して三歳用着物が出来ます。

14502937_1010490702428154_5036039148267075780_n.jpg

14470416_1010490802428144_3561941129681399175_n.jpg

とても経済的!

また元に戻せば、お宮参りに勿論使えます。

昔から伝わる「着物」の素晴らしい点ですね。

14570407_1010490779094813_4694538760821998088_n.jpg


お祝い当日のゆめのちゃんは、髪をきれいに結ってとっても可愛かったです!
おめでとうございます~




本裁ちの裾引き返し仕立て [七五三]

私の少し先輩に当たる方のお孫さん用です。

Sさんが三歳と七歳で着られたお祝い着物が解かれた状態で保管されていたそうです。

息子さんに女の子のお孫さんが生まれ、もう直ぐ三歳です。

おばあちゃんが着た着物をまた60年経って着れるって、素敵ですよね。

三歳だと四つ身といって、二丈物で「つまみオクミ裁ち」にして仕立てる場合が多いのですが、この着物は「本立ち裾引き返し仕立て」になっていました。

大人と同じ三丈の布を使って、八掛け部分をつまんで折り返し仕立てるのです。

s-IMG_4607.jpg

そして、七歳では、13歳くらいまで着用出来るくらいの丈の着物に仕立てる事が可能です。つまんで有った裾を延ばすと丈がぐんと伸びるのです。そして、その時は普通に八掛けを付けます。

s-IMG_4609.jpg

凄い知恵だなあ~と思います。

総絵羽でした。掛け衿もぴったり柄があいましたよ。
s-IMG_4613.jpg

可愛いです~
s-IMG_4615.jpg

半襟は、赤い刺繍衿にしました。

s-IMG_4628.jpg

帯も解いてあったので、縫って始末しました。

秋までもう少し大きくなるかな?

その時まで、お楽しみに。

s-IMG_4652.jpg

ありがとうございました。



総絞りの絵羽織から三歳のお祝着 [七五三]

Iさんからお預かりしたのは「総絞りの絵羽織」でした。
s-IMG_3872.jpg


結婚される時に、仕立てて以来本当に一度も袖を通さなかったそうです。
s-FullSizeRender-haori.jpg

三歳の孫のお祝着になりますか?

という事で、やらせて頂きました。

洗い張り屋さんにお願いして、解いて頂きました。

この羽織は、背中に大きな模様のある絵羽織です。
s-IMG_4572.jpg


さて、、、このままでは柄が見えないので一工夫します。

この辺りにハサミを入れ・・・

s-IMG_4573.jpg

天地を変え繋げますと・・こうなります。

こちらが前身ごろになりますので・・縫って見ますと・・


s-IMG_4575.jpg


上前がとても賑やかになりました!

s-IMG_4574.jpg



表が正絹ですが、胴裏も八掛けもポリエステルで出費をおさえました。

s-IMG_4576.jpg

s-IMG_4581.jpg

そして、長襦袢も三歳なら晒しの肌襦袢に袖を付けて十分でしょう~と思いまして・・・

八掛けの残りで、袖を作り付けました。

s-IMG_4595.jpg

三歳から五歳くらいまで着られる着物が出来ました。

s-IMG_4597.jpg

これを、肩上げと腰上げして着ますと・・こうなります!
s-IMG_4599.jpg

とっても可愛いっ!!

長く仕立てて「上げ」で調節して着用するという日本人の知恵を凄いと思います。

s-IMG_4600.jpg

とっても素敵な「総絞りのお祝着物」おばあちゃんからのお譲り着物です!喜んで頂けれるかな?



お孫さんの為に「型染め」のお祝い着物 [七五三]

お稽古で「型染め」をされている方の、大作をお預かりました。

七歳用本裁ちのお祝い着物に縫わせて頂きます。
とても楽しみです。

s-IMG_3114.jpg


大人用の一反で仕立てますので、内上げもしておき、縫い代もそのままですので、後々仕立て変えれば勿論大人になっても着られます。今回は三尺五寸で細身に仕上げますが、後々4尺で大人寸法の着物にも出来ます。

s-IMG_3178.jpg

それが、日本の着物の仕立ての凄さですね!

s-IMG_3180.jpg



今年の七五三・パレード [七五三]

夏の終わりから・・・

三歳・七歳・お母さん用の着物と沢山の「肩上げ・腰上げ」やってきました。

s-IMG_2870.jpg

s-IMG_2871.jpg

IMG_2872.JPG

それで、多分ピークは今週末でしょうか?

s-IMG_2883.jpg

s-IMG_2886.jpg

s-IMG_3030.jpg


お母さん方も・・・
s-IMG_2882.jpg

s-IMG_2865.jpg

楽しみですね!

男の子も頑張るんだよ~!

s-IMG_3028.jpg


おばあちゃんの思い・・ [七五三]

昨年、ご自分が約60年以上前に着たお祝い着物を仕立て替え・・

お孫さんの三歳のお祝いをされたMさん。。

先日写真を見せてくれました。

洗い張りして、また色も鮮やかに蘇って・・・

可愛いお孫さんにとてもお似合いでした!元気に育ってね!

s-DSC_0766 - コピー.jpg











七歳女児・・お正月のお楽しみ [七五三]

お正月に着物を着せたいから・・

と洗い張りした可愛い「こけし柄」の反物を預かり・・・


縫わせて頂きました。


s-1113_0210.jpg

柔らかくて縫いやすかったです。



昔柄は本当に可愛いですね!

s-1113_0211.jpg




可愛い男の子 [七五三]

5歳男児!

お姉ちゃん二人の存在のせいか・・・


とってもしっかりして可愛い男の子でした!

s-s-1108_0199.jpg


将来が楽しみっ!

着付けもやらせて頂きました。


三歳おめでとう!五歳のお友達と一緒に! [七五三]

以前こちらで紹介した着物・・

お母さんが三歳で着たお祝い着。

実は伯母さんからのお譲り着物でした。

ですから、多分50年ほど経っています。

長年の汚れも有りましたので・・・

今回は洗ってもらって、揚げだけさせてもらいました。

昭和レトロな感じがたまりません。とっても可愛かったです。

s-DSC_0747 - コピー.jpg



そして、5歳のお友達も・・

私のご近所の70歳越えた方が「何かに使ってください」とご自分が着たお祝い着を、以前譲って下さった物があり・・こちらは60年以上前のものです。


着物初めての二人。。。

s-DSC_0749 - コピー.jpg


可愛い記念の写真が撮れました。