So-net無料ブログ作成

衿の繰越し・・ [仕立て]

ご自分のこだわりの「寸法」を決めている方がいらっしゃいます。

緊張する仕事ではありますが、やりがいは有り勉強になります。

s-DSC_0634.jpg

s-DSC_0638.jpg


素敵な男性の羽織 [仕立て]

以前、お召し生地で男物着物を縫わせて頂きました。

こちらです。

その方は、日本舞踊を習い始めたばかりとか・・・

30代の若い男性です。

お母様がこのお正月に間に合うようにと・・

一緒に羽織を選ばせていただきました。

いつもお世話になっている「もり善」さんで、色々と見せていただいたのですが・・・

私もお母様も、これ!と決めました。

s-DSC_0520.jpg


上品な優しい感じの小紋。

「伊勢型」の模様が50種類丸い紋柄になっています。

s-DSC_0610.jpg

きっとお似合いだと思います。

s-DSC_0606.jpg

羽裏も素敵です。

s-DSC_0607.jpg


s-DSC_0609.jpg


柔らかく、とても縫い易い反物でした。


袖付けも綺麗に出来ました。



色無地 [仕立て]

続けて色無地を仕立てました。

どちらも丹後ちりめん。

s-DSC_0800.jpg



s-DSC_0828.jpg

同色の八掛けが付いています。

一色で地味と思われがちですが・・・

s-DSC_0835.jpg


地紋の織りがとても良いですね。


s-DSC_0834.jpg





春待ち紬 [仕立て]

淡い色合いの暈しの紬です。

グラデーションがとっても綺麗です。


s-DSC_0683.jpg

春の桜を楽しみに待っているようです。

s-DSC_0684.jpg

s-DSC_0837.jpg

s-DSC_0836.jpg






洗える長襦袢 [仕立て]

お母さんや、おばあさん、おばさんの着物まで譲って頂き・・

楽しんで着ている娘さんが居ます。

自分で半衿を付けたりお裁縫も出来ます。

木綿や洗える着物も活用。

彼女のように勇気を出して、色々と自分でお手入れ出来るようになるとイイですね。


そして、今回は洗える長襦袢を縫わせて頂きました。


「これ、見つけたんです!」とニッコリ。

s-DSC_0598.jpg


昭和レトロな面白いラベル柄です。


s-DSC_0601.jpg

素敵な長襦袢が出来ました。


もんぺ [仕立て]


「もんぺ」の仕立てを頼まれました。



私は今まで仕立てたことが無く・・不安でしたが・・・
見本があるから・・と言うことで見せていただきました。

両脇が空いている「袴タイプ」で、裾はゴムではなくタックをとり
スナップで留めるようになっていました。

見本と全く同じで良いので・・という依頼です。

出来上がっているもんぺを平らにして、「型紙」を取るというのは
中々難しい事でした。


今や、絣は貴重であり高価なので・・・

手軽に手芸屋さんの「和柄」の生地で作ることにしました。

s-DSC_0063.jpg


s-DSC_0081.jpg


s-DSC_0083.jpg

s-DSC_0084.jpg

s-DSC_0109.jpg

出来上がりましたが、手順などがイマイチ自信なく・・
まだまだ研究しなくてはなりません。

実は、昭和時代の和裁仕立ての本に載っていた「もんぺ」をこの仕事の前に縫ってみました。
(自分用)出来上がってみたらば、それは着物の上から着用するもんぺでした。

s-DSC_0062.jpg

帯を締めた上から履くもんぺですので、お尻部分が膨らんでしまいました。
これは、着物で自転車に乗る女先生が(何時の時代じゃ?)^^;使用したのかもしれません。

今度着物を着て、車の運転する時に使用してみようかと思っています。

まだまだ、研究と実験の繰り返しになりそうです。



お祭り準備 [仕立て]

ただいま、10月の「大祭り」にむけて!

s-IMG_1522.jpg

各地の法被とじばんなど取り組んでおります~~


s-IMG_1678.jpg

s-IMG_1454.jpg

s-IMG_1451.jpg

s-IMG_1444.jpg

s-IMG_1391.jpg


s-IMG_1679.jpg


夏大島 [仕立て]

夏大島にあったのは初めてですっ!

s-IMG_1014.jpg

s-IMG_1015.jpg
この透け感・・

s-IMG_1025.jpg
張りがあって、シャキッとしています。



s-IMG_1026.jpg
きっと素晴らしい着こなしを見せて頂けると思います。

七福神の長襦袢 [仕立て]

娘さんの結婚式の準備に追われる知人。

留袖はリサイクルショップで新品なのにリサイクル?
白い紋がそのままの好きな柄を見つけ!家紋を入れてもらった。


長襦袢はどうしようか?と思っていると・・・お母さんがこのような箱を持ってきてくれた。


七福神の柄が織り込まれた長襦袢生地。
s-IMG_0836.jpg


正絹なので、いくらか黄色がかっているが・・・


素敵です。

記憶が定かならば・・50年前の物ではなかろうかと。。。
s-IMG_0837.jpg

50年の眠りを経て・・晴れの結婚式に・・。

おめでとうございます。

めんちりめん [仕立て]

ちょっとレトロな雰囲気の「めんちりめん」
s-IMG_0600.jpg


ざらっとしていて、独特な肌触りです~

s-IMG_0602.jpg

伸縮性もあるようです。


袖を長くして昔着物風に着られるそうです。

s-IMG_0604.jpg

s-IMG_0605.jpg
素敵~☆