So-net無料ブログ作成
検索選択
仕立て替え ブログトップ
前の10件 | -

羽織から道中着へ仕立て替え [仕立て替え]

大寒を過ぎ、もう直ぐ立春ですが、

一年で一番寒い時期です。

二枚続けて、仕立て替えをさせて頂きました。

s-16265951_1106578626152694_3422913922645792384_n.jpg

両方とも、羽織の折り返し部分から丈を出す事が出来ました。

羽織の衿を、立て衿に使います。

s-16406449_1106578639486026_4283149962023466158_n.jpg

羽織のマチを衿にします。(幅も丈も継いであります)

着物の衿に沿うような細い衿の道中着になります。

お譲り着物の仕立て替え [仕立て替え]

お母さんから譲り受けて着ていた絽の着物でした。

寸法も殆ど良かったのですが・・・

縫い糸の生が抜けてしまいました。

そこで、解いて仕立て替えをさせて頂きました。

今度は丈夫な糸で縫いました。

s-DSC_0183.jpg


とても素敵な絽の着物。80歳を越えたお母さん・・・

自分は殆ど着なかったけど娘が着てくれて嬉しいとおっしゃっていました。


着物を長羽織に仕立て替えました [仕立て替え]

小紋の着物を洗い張りしまして・・・

初めての長羽織に仕立て替えさせて頂きました。

羽織は丈が長くなると、衿先が裏返しになりやすく、また広がりやすくなります。

身長の高い方でもありますので、少し裾つぼまりになるような寸法にさせて頂きました。

乳(ち)は小さく少し顔がのぞく位がイイのですが、左右対称に同じ形になるように中々気を使います。

s-1536_0416.jpg

素敵な着姿が楽しみです。

昔着物は素敵! [仕立て替え]

ご親戚の方が娘さんの時代に着られた着物だそうです。

とっても素敵な柄です。

s-1536_0290.jpg

ご存命なら100歳近い方の着物とか・・・。

洗い張りして、仕立て替えです。

身丈も、裄もいっぱいで仕立てます。

表より裏の八掛けがかなり弱くなっている感じでした。

是非、現代に蘇らせてくださいね。


納め仕事は・・・。 [仕立て替え]

ご近所の70代の男性の大島アンサンブル

お譲り着物を洗い張りしての仕立て替えです。

洗い張りによって、とても艶が出てしなやかな感じです。

s-DSC_0754.jpg

自分寸法にピタリと合うように・・仕立てました。

s-DSC_0755.jpg

是非、お正月にお召しくださいね。


半纏 [仕立て替え]

ウールの着物を洗い張りして・・・

半纏を仕立てました。

s-DSC_0513.jpg

ご本人からの希望で「綿の代わりにキルト芯で」という事でした。

あまり慣れていない仕立てですが・・

仕上がりました。

綿入れより、薄手ですがかなり暖かそうです。


総絞りの絵羽織・・長羽織に仕立て替え [仕立て替え]

お母さんが亡くなられてから
箪笥の中に沢山の着物が有ったのを初めて知ったお友達がいます。

好みの着物や帯など沢山ありました。

それから着付けを習い・・・

今では30分あれば、自分でちゃんと着れる様になったそうです。


お母さんの羽織を、少し長い丈に・・・袖丈と裄も長くします。

s-DSC_0243.jpg

引き返し部分があるので、丈は十分出ました。

マチも取れます。

s-DSC_0246.jpg

s-DSC_0247.jpg





ただ襟の長さが足りなかったのですが、不要部分から切り取り剥ぎました。


「絵羽織」部分も全部合いました。


彼女の着姿を拝見するのが楽しみです。




銘仙羽織りを着物に [仕立て替え]

銘仙着物が大好きな娘さん・・・

ネットでリサイクル着物の中からとても状態の良い羽織を見つけました!

小柄な自分には、この大きな椿柄はどうだろう?

s-DSC_0183.jpg

ちょっと気になり・・・

「着物になりますか?」とご相談。

昔の長羽織は、引き返しが多いので・・

4尺近い丈が出ます。

s-DSC_0185.jpg

やってみましょう!と言う事になりました。

そしたらこの羽裏の素敵な事。いっそ、これを「裾まわし」にして遊んでしまおうか。。。

s-DSC_0184.jpg

という事で・・・少しのやりくりをしましたが・・・

s-DSC_0186.jpg


無事に仕立てあがりました。

ご本人との対面が楽しみです。

注意・羽織は前身ごろを裁ち落としてある為に、身幅寸法の広い方が着物に直すのには向きません。

綿入れ半纏 [仕立て替え]

女性物の村山大島着物

洗い張りして・・

男性用の綿入れ半纏を仕立てました。

長身で裄の長い方ですので・・・


袖幅で足し布をして裄を長くしました。

気に入って頂けると嬉しいです。

s-DSC_0001.jpg



お譲り着物  お召し(伯母から甥へ) [仕立て替え]

踊りを習っている青年の方から~

伯母さんから、洗い張りして「着物にしたら」と頂いた。。

男物着物になりますか?と。。

s-DSC_0505.jpg


見ると、昭和30年代くらいに流行った「お召し」のようでした。

s-DSC_0515.jpg

反物の幅が狭いので「男性用の裄には無理ですね~」とお返事。。


「そうですか、残念です」


色々と反物の寸法を確認します。

s-DSC_0520.jpg

一つの方法として、衿布から足し布を取ってみようか?と考えました。

s-DSC_0549.jpg

「ただ、衿幅から布を取って袖幅に足すことは可能かもしれませんね。。」

アドバイス。。

「それで結構ですからやってみてください」との依頼でした。

まずは、解く所から始まります。

s-DSC_0524.jpg

裄は、踊りをされるのでたっぷりにしたいです。

一尺八寸五分にしました。

袖幅と肩幅、両方とも布を足しました。

裏地には絹の通し裏・・少し青味があり綺麗です。

男物は、袖口布も必要です。

s-DSC_0591.jpg



襟から取りましたので、裏地を足しています。

s-DSC_0597.jpg

袖も足して有るのがあまり目立ちませんでした。良かったです。

s-DSC_0550.jpg


伯母様もきっと喜んでくださいますね。

s-DSC_0596.jpg
前の10件 | - 仕立て替え ブログトップ