So-net無料ブログ作成

お盆前の締めくくり浴衣と帯 [女性木綿・ゆかた]

お盆前の最後の仕立ては
この博多帯と浴衣でした。

パリッとして、柄は宝尽くしの縁起物、
そしてこれだけのシールが帯の内側に貼られていました。

シールを剥がして、内側に折込み、千鳥がけをして縫いとめます。

s-IMG_9468.jpg

s-IMG_9470.jpg

浴衣は小紋柄で「紅型調・源氏物語」というラベルがありました。
本染(注染)です。
このような表記が有る場合は、納品の時にお客様にお渡ししています。

s-IMG_9522.jpg

素材の表記もありますし、

洗濯のタグが付いているものは、下前の衿先近くに縫い付けます。

s-IMG_9523.jpg

小紋柄なので、柄合わせで悩む事も無かったのですが・・・
横に伸びるツタのような柄を、繋げるように置いてみました。

s-IMG_9454.jpg


浴衣と帯がとてもマッチしていると思いました。

s-IMG_9471.jpg


nice!(0)