So-net無料ブログ作成
検索選択

綿紅梅の浴衣 [女性木綿・ゆかた]

今、持っている浴衣を着てみて・・Mさんは色々な疑問があるという事でした。


各所の寸法を確認して、Mさんの希望に添った浴衣に仕立てられるようやってみます!

やはり、縫い手(場所?地方?)によって各所の寸法が違う場合もあるようです。

Mさんの浴衣は、おくみ下がりが私のやっている通常の長さより3,8センチ(一寸)短かったです。

そこが変わるだけでも、着易さが違ってくるのかな?

s-IMG_8954.jpg

なでしこと、朝顔、キキョウ、綿紅梅でとっても涼しげです。

s-IMG_8950.jpg

これから仕立てて行きます。


幅出し済みの反物を購入 [女性木綿・ゆかた]

着物大好きなKさんが、ネットで「幅出し済みの反物」をゲットされました。

絞りの浴衣反物です。

通常絞り浴衣は、絞りがかなり掛かっている状態で販売されます。

それを「幅出し」してから仕立てます。

裄が長くて、なるべく反幅を広くしたい場合はなるべく広げてください。となります。

s-IMG_8938.jpg
今回の状態、かなり幅が出されていました。なので、どちらかというと絞りが伸び過ぎている?感。

Kさんは、裄が女並みなので本来ならもっと幅が狭くて良かったのですが、、

このまま延びきった状態で仕立てても良いのですが・・

家でお洗濯すれば少し縮むでしょうが。。

反物の状態で、もう少しふっくらした絞りにした方が良いかな?とか。。

それで相談した結果、わたしが反物を水通し(水に暫く浸し、自然乾燥、アイロンはかけない)させていただきました。

s-IMG_8958.jpg

すると、反幅が2センチ縮みました。絞りも少しふっくらしたようです。

それから仕立てに掛かりました。

s-IMG_8964.jpg

s-FullSizeRende-kato.jpg

s-FullSizeRender-kato2.jpg

今回は既に幅出しがされていた特殊な場合です。
通常は販売店の方の判断に従ってくださるようお願い致します。

留袖の着付けは大変でした。(自装) [着物でGO!]

和裁を職業としているから、自前の留袖で

着付けを習っているから、自装して

と、頑張った当日。

s-IMG_8851.jpg

余裕を見て着始めたのですが、、(自分の前に義母に色無地を着せました)

着物を着るまでは何とか出来ました。

衣文の抜き具合

衿の比翼の出方

上前の裾の上がり具合

胸の家紋の高さが左右合っているか・・・等々

おはしょりも大丈夫。。

いよいよ帯、落ち着いてやろう~~夕べも練習しました。

ちょっと柄の出方があれ?っと思いまして二度目をやり直したんです。

そこらへんから、ちょっと焦ってしまいました。


ただお太鼓の形が納得行かないのに、出発の時間になり・・・

時間が迫って来たから、もう「やり直せない」と判断。

帯締めと帯上げはちゃんと出来ました。末広もさしました。



そして塵除けを羽織って車に乗りました。

静岡に到着。
所が駐車場から新幹線乗り場までが中々の距離。

新幹線で一時間。

品川で新幹線降りてからまた出口までが長距離。。。

ホテルに着いたと思ったら、夫がタキシードに着替えるので付き添い。。

アタフタしていて、お手洗いで一緒になった新婦のお母様に、やっと自分の気に成っている後ろの帯の山を見て頂いた。。

前向いてるから、後ろをそんなには見られないでしょう~と高をくくっていたら、、

新郎退場の時に、前に呼ばれて腕を組んでの退場サプライズ。。。


s-IMG_8849.jpg


「あの~お母さん着付けが崩れていますから、あちらで直しましょうか」とは言われはしなかったですが、

気になって仕方なかった。

もし、次回が有るなら今度こそ綺麗に着たいと思う。

s-IMG_8852.jpg


難しい柄ゆき [女性木綿・ゆかた]

こちらの浴衣柄は紅梅です。
浴衣では、花の季節は関係なく、夏でも桜や菊、梅、と柄が色々有りますね。

着られる方は、演歌歌手の方です。
親戚のお兄さんが選ばれた恒例のプレゼントの品なのです。
昨年はブルー系でしたので
今年は全く違う感じを選ばれました。

納涼祭やお稽古、ちょっとしたお出かけに着て頂けるでしょうか?

またしても「おくみ」の柄を決める時に腕組みしてしまいました。

あれこれ迷ってしまいました。

s-IMG_8505.jpg
斜めに繋がった感じ・・・


s-IMG_8508.jpg
似てますが、微妙に違います・・・


s-IMG_8510.jpg
あっさりし過ぎ??

s-IMG_8513.jpg
どうしたものだろう~~


柄の持って行き方、選び方によって

その浴衣の印象が全く違う。。

最終的に決めたのは、さてどれでしょう?




気に入って着て頂けると嬉しいです。



着物寸法の移り変わり [着物でGO!]

私が和裁の道に入ったのは昭和53年。
今から四十年以上前になります。

私の先生は、尺でやっていました。先ずはその寸法に慣れる事から始まりました。
(途中、センチの感覚が全く分からなくなりましたが、表記がセンチの方もいらして、今では両方分からないと困ります。(というか、尺に換算してやっています))

その頃は、「男並み、女並み」という言い方があって、それを基準にしていました。極端な話し、ちょっと太ってるからプラス3分、とか痩せてるからマイナス2分とか。。。

お客様が、自分寸法をお持ちなら良かったのですが、決まっていない場合は女並みの寸法の着物を着てもらってそれから、どの位出すとか詰めるとか判断しました。


「割り出し方」を知らなかったんです。というかそういう情報が入ってい来る環境がありませんでした。

数年前に初心者に教える為に購入した「和裁」の本にその「割り出し方」が載っていました。
試しに自分の寸法をやってみると、、、うむ。確かに。という良い寸法が出ました。

実は、ずっと太っていた時代が長い私は・・・
「男並み」という寸法で自分の着物を仕立てていました。

先日「留袖」を着た時に「男並み寸法では身幅が広すぎた!」んです。少し痩せたので身幅が凄く余ってしまったんです。
(着難かった・・・・)
今の「腰周り」から割り出すと、、もっと細くて良いのです。

自分の着物を、割り出し方を知ってから仕立てていないのですが、どれだけ着易くなるか仕立ててみたいものです。


夏帯 袋帯の芯入れとかがり [帯]

色々とお直し物や仕立て物をやらせて頂くKさんが

デパートで購入された夏の袋帯をお持ちになりました。

s-IMG_8747.jpg

さて、袋帯の芯入れ。。

とっても久しぶりでした。通常は「帯仕立ての専門店」に出される事が多いかと思いますが、やらせていただきました。

帯幅が、八寸二分でしたので五厘控えた幅に帯芯を裁ちました。

帯を裏返し、両脇の細い縫い代に綴じつけて行きます。

その長さは、4メートル以上です。

綴じ終わったら、帯の端を整えて少し中側を「ちどりがけ」します。
同じ大きさに揃えて、真っ直ぐやっていきます。
修行時代はこれが上手くできるまで、中々大変でした。


s-IMG_8748.jpg



s-IMG_8749.jpg

修行時代を思い出す久しぶりの仕事でした。