So-net無料ブログ作成
検索選択

館林木綿きもの [手縫い教室]

昨年から、浴衣を習いたいというKさんへのアドバイス

浴衣だと夏の間しか着れないから、木綿の普段着物を仕立てたらどうですか?と・・

浴衣と同じ仕立て方でやりましょう。と

そこで、Kさんが見つけてきたのが「館林木綿」でした。

針通りも良く、柔らかい。。。

ハッキリ言って、浴衣の生地より縫いやすい!!



夏の間はお休みさせてもらいましたので、

半年くらい掛かりましたが、宿題を沢山こなして

とっても綺麗に仕上がりました。

s-16807602_1119276628216227_4229906405449553101_n.jpg


着姿を見せて頂くのがとっても楽しみです。

針の供養と、ご祈祷していただきました。 [ごあいさつ]

2月8日は、針供養の日です。

s-16508075_1113164262160797_6607230873073183262_n.jpg

修行中には、静岡の臨斎寺や浅間神社でやっていて
各先生方と先輩、後輩、この日ばかりは針休め!

晴れ着を着て、お参りの後は・・・

七間町や呉服町へ~

デパート巡り~

そんな楽しい思い出が蘇ります。

以前お世話になっていた会を抜けてからは、毎年一人で家でひっそりと豆腐に刺したりしていました。


今年は日頃お世話になっている「大慶寺さん」でやっていただける事になりました。
s-16427727_1112932508850639_8275797619389352249_n.jpg

s-16508848_1112932492183974_3222690789966926875_n.jpg


s-16652876_1279359422157695_212204673_n.jpg

ご近所で裁縫好きな若いママさんや、教室に習いに来ていますママさん、ビーズ手芸の先生、着物好きな整体師さん!参加してくれました。

実は、お寺での供養はずーーーーっと昔過ぎて、、記憶があいまいだったのですが、、

今回は、副住職さまのお経の声がより染み入りました。

s-16473332_1112998542177369_1773728818466860156_n.jpg

また副住職様が、百日の荒行をされている時に書いたというお経を巻物のようにして首から下げ、一人一人の頭の上から肩にかけてお呪いのようにご祈祷して頂きました。



また1年、針の怪我や事故のないようにやっていけると思いました。

羽織から道中着へ仕立て替え [仕立て替え]

大寒を過ぎ、もう直ぐ立春ですが、

一年で一番寒い時期です。

二枚続けて、仕立て替えをさせて頂きました。

s-16265951_1106578626152694_3422913922645792384_n.jpg

両方とも、羽織の折り返し部分から丈を出す事が出来ました。

羽織の衿を、立て衿に使います。

s-16406449_1106578639486026_4283149962023466158_n.jpg

羽織のマチを衿にします。(幅も丈も継いであります)

着物の衿に沿うような細い衿の道中着になります。