So-net無料ブログ作成
検索選択

洗い張りの八掛け [着物のあれこれ]

着物の仕立てで、一番細かくハサミを入れるのは

八掛け(裾まわしとも言います)

・袖口布
・衿先布
・裏おくみ
・裾まわりの4枚の布

に裁ちますので、洗い張りで解いて繋げた状態はこうなっています。

s-IMG_4133.jpg

そして、ヘラの時にミシン縫いをほどきます。

s-IMG_4135.jpg
洗い張りしての仕立て替えは、中々手がかかる仕事です。汗。


男物長羽織 [仕立て]

ネット上で、知り合った着物の先輩Sさん。
偶然にも息子同士が学校の同級生でした。

その息子さんがSさんの影響か?着物に興味を持ち、今じゃ立派な着物男子になられました。
今回「羽織」が欲しいのだが。。との連絡を受けたSさん自分用に用意してあった反物で息子さんの羽織を仕立てて欲しいとの依頼を頂きました。

ちょっと面白いラインの入ってる紬です。
思わず「ハイソフト柄!」と言ってしまいました。(キャラメルの包み紙に似ているので・・)(笑)
s-IMG_3988.jpg
身長は180センチで、ガッチリしたスポーツマン。
裄も今まででも一番長いくらいです。(袖幅に衿から欠いた布を割り入れています)大きな羽織です。


羽裏が無いので・・という事でしたので・・

先日バティック生地で浴衣を仕立てた方に、残り布を快く譲って頂きまして・・

付けてみました。中々個性的です。
s-16317_3944.jpg


綿ですが、硬い紬なので馴染んでいるようです。
s-16317_3995.jpg

着心地をお聞きするのがまた楽しみです。



お2人で着たいので・・ [仕立て]

身長が155センチのお母様と165センチの娘さんが、これからお2人で共有したい着物

娘さん用にすると、お母様には長いし、お母様用では、娘さんには短い。

さて、どうしましょうか?

s-IMG_4103.jpg

お母様と相談して、2人の身長の真ん中・・160センチ用にして欲しいという事になりました。


腰ひもやおはしょりを上手にやりくりして、着用するそうです。

s-IMG_4105.jpg
素敵な鮫小紋です。

男物単衣着物の丈だし [お直し・色々]

S君に着て頂いた久留米絣着物は、172センチの息子用に以前仕立てましたが、本人が全く着る気配が無い為に、時々貸し出していました。そして時々家でお洗濯もしていました。

なんと、この度測りましたら、、、全体で二寸五分も(10センチくらい)短くなっていました。
大滝汗です。

1尺三寸の袖丈も八分短くなっていました。。。木綿は縮むとは言っても・・まさかそこまでとは。不覚です。幅の方はあまり変化は無いようでした。


落ち込みましたが、幸いにも「内揚げ」と言って、帯の下で余り布をつまみ縫いしてありますので、これらを全部解いて丈を長くしました。
s-16317_4097.jpg


ここの部分に縫い込んであります。
s-16317_4091.jpg

この場合、身丈が二寸五分近く出せました。(10センチくらいです)当然、見頃に付いている「おくみ」と「衿」も解き、付け直しです。幸いにも縫い代が有って本当に良かった。
s-16317_4098.jpg


木綿ものは、洗濯の度に相当縮む。。今回の教訓を生かして行きます。
s-16317_4100.jpg
リベンジを静かに待ちます。

藤枝おんぱく・カーニバルにて [着物でGO!]

★「昔着物ファッションショー」を開催しました。


12108772_879339705543255_2344096942875552204_n.jpg

今年で三年目の「藤枝温故知新博覧会」

市内でも、まだまだの知名度・・・多くの方にそれって何?と聞かれます。

藤まつりの一番賑わう季節、市内の各所で、地元のやりたい人が色んな目的を持って作る「体験プログラム」なんです。

その内容を知っていただこう!と今年初めて駅南通りへ進出しました。
当日は38プログラムを見たり、やったり出来るのです。

その一つとしてお声が掛かりました。

まずは、モデル探しから・・・実は中々これが大変(汗)でした。


兎に角着物が好きな女子を捜さなくては!と・・・


そこで、私の所で「手縫い浴衣教室」に来ていたmさんと友達のaさん
息子の幼稚園から中学まで同級生のsさんとeさん
知人からの推薦でaさんとs君!
にお願いする事になりました。

まずは、皆さんに集まって頂き・・・体型やその方の雰囲気に合った着物を、着付け師のb先生と選びました。
色々合わせてみましたが、、
これ好きです、、こっちかな?あれかな?やっぱりこれね!という感じで決まるんですよ。それだけで、もう皆楽しそうでした。
その時点で、男性のs君には絣着物を用意。着てみたら少し短めでした。でもそんなに気にならなかったんです。ただ、羽織の丈と裄が短く感じたので・・羽織りを大きめなのと交換しました。



主催のs君とお手伝いしてくれたaさんと台本を作り上げました。BGMも決まりました。
でも、本番までにリハーサルも出来ずにモデルさんにはきっと不安感を持たせてしまったかもしれませんでした。当日の朝、洋服のままでステージに上がっての打ち合わせでした。



1otipVdC.jpg
MCには、地元出身の俳優「石上亮さん」が舞台を控える中を駆けつけてくださり・・
大変盛り上げてくれました。

亮さんの問いかけに答えるという感じで、私達もこれまでの経緯やプログラムへの思いを皆さんの前で伝える事が出来ていたなら本当に幸いです。



7gs4tz2T.jpg
モデルの皆さんもとっても可愛くて綺麗で、とっても嬉しかったです。(ご家族の方お友達も来てくれました)

12813908_880062052137687_1407786947786913161_n.jpg


10311846_880062078804351_9006469079762592971_n.jpg

943737_880062162137676_2745575439222537070_n.jpg

1375152_880062115471014_7592785507370605811_n.jpg




一つ気になったのは、、s君の着物の丈が・・ステージに立つと思いのほか短く見えてしまった事です。s君、私は和裁士で有りながらも・・配慮に欠けてしまい申し訳なかったです。本当に反省でいっぱいです。

10407344_880061892137703_4141026989279239463_n.jpg
でも「大丈夫です!楽しみます!」って笑い飛ばしてくれてありがとうございました。


着物を着てくれたモデルさん、周りのが方がた、にこにこになれたショーでした。

1662533_880062195471006_4515461122759964846_n.jpg


12832415_879339678876591_313982619982251314_n.jpg


このハラハラドキドキを一緒に体験したこのチームの皆さん、ありがとうございました。

亮さんのファンの方も着物姿で応援に沢山見えて!盛り上げて頂きました。

いつも着物を縫わせて頂く方や、友人知人の皆さん来て頂いてありがとうございました。



944326_880062008804358_7024035458627028637_n.jpg


また、是非本番のおんぱくで色々なプログラムを体験して楽しんでくださいね!




1934132_879339802209912_200301340856774436_n.jpg



ps・・・今、あの絣着物の丈を出しています。(プラス10センチ)s君、いつかまたリベンジしましょうね。

★これらの写真は、石上さんのファンの方がた、当日のカメラマンスタッフから頂いたものです。

小紋着尺から長羽織 [仕立て]

大きな震災以降、家の中の整理をする人が増えて・・

押入れの中の反物を発見する方が多いです。

s-IMG_3820.jpg

今回も、片付けものをしていて・・以前お母さんから頂いた反物が見つかりました。「また何時か仕立てよう」と思ってそのままになっているケースって多いですよね。

Hさん、、、これは着尺だけど、羽織が無いから少し長い丈のを仕立てて欲しいです。「良いですね!」そうしましょう。という事になりまして・・

羽裏は暈しの雲柄です。

羽織の特徴は、「前落とし」と言って襟ぐりから前を裁ち落としてしまう所です。

s-IMG_3822.jpg

いつも言いますが、羽織の衿は贅沢です。反幅を畳んで細くしてあるので結構な長さの布を使用しています。
s-IMG_3825.jpg


s-IMG_3826.jpg

s-IMG_3827.jpg

s-IMG_3829.jpg

羽織丈は、ひざの辺りまでくる長さに決めました。
157センチの方で、二尺七寸にしました。

s-IMG_3832.jpg


s-IMG_3831.jpg

背中の柄をちょっと斜めに繋げました。

一緒に新年会にお出かけしたのですが、大変お似合いで良かったです。お母さんもきっと喜んでくれますね。