So-net無料ブログ作成

本裁ちの裾引き返し仕立て [七五三]

私の少し先輩に当たる方のお孫さん用です。

Sさんが三歳と七歳で着られたお祝い着物が解かれた状態で保管されていたそうです。

息子さんに女の子のお孫さんが生まれ、もう直ぐ三歳です。

おばあちゃんが着た着物をまた60年経って着れるって、素敵ですよね。

三歳だと四つ身といって、二丈物で「つまみオクミ裁ち」にして仕立てる場合が多いのですが、この着物は「本立ち裾引き返し仕立て」になっていました。

大人と同じ三丈の布を使って、八掛け部分をつまんで折り返し仕立てるのです。

s-IMG_4607.jpg

そして、七歳では、13歳くらいまで着用出来るくらいの丈の着物に仕立てる事が可能です。つまんで有った裾を延ばすと丈がぐんと伸びるのです。そして、その時は普通に八掛けを付けます。

s-IMG_4609.jpg

凄い知恵だなあ~と思います。

総絵羽でした。掛け衿もぴったり柄があいましたよ。
s-IMG_4613.jpg

可愛いです~
s-IMG_4615.jpg

半襟は、赤い刺繍衿にしました。

s-IMG_4628.jpg

帯も解いてあったので、縫って始末しました。

秋までもう少し大きくなるかな?

その時まで、お楽しみに。

s-IMG_4652.jpg

ありがとうございました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0