So-net無料ブログ作成
検索選択

小紋着尺から長羽織 [仕立て]

大きな震災以降、家の中の整理をする人が増えて・・

押入れの中の反物を発見する方が多いです。

s-IMG_3820.jpg

今回も、片付けものをしていて・・以前お母さんから頂いた反物が見つかりました。「また何時か仕立てよう」と思ってそのままになっているケースって多いですよね。

Hさん、、、これは着尺だけど、羽織が無いから少し長い丈のを仕立てて欲しいです。「良いですね!」そうしましょう。という事になりまして・・

羽裏は暈しの雲柄です。

羽織の特徴は、「前落とし」と言って襟ぐりから前を裁ち落としてしまう所です。

s-IMG_3822.jpg

いつも言いますが、羽織の衿は贅沢です。反幅を畳んで細くしてあるので結構な長さの布を使用しています。
s-IMG_3825.jpg


s-IMG_3826.jpg

s-IMG_3827.jpg

s-IMG_3829.jpg

羽織丈は、ひざの辺りまでくる長さに決めました。
157センチの方で、二尺七寸にしました。

s-IMG_3832.jpg


s-IMG_3831.jpg

背中の柄をちょっと斜めに繋げました。

一緒に新年会にお出かけしたのですが、大変お似合いで良かったです。お母さんもきっと喜んでくれますね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0