So-net無料ブログ作成
検索選択

手縫い浴衣仕立ての事 [女性木綿・ゆかた]

いつもと同じ内容記事になるかと思います。(笑)

日本製の手縫い浴衣の利点!(最近は海外縫製の既製品が多いからそれに対しての比較の意味で・・)

難しい「柄あわせ」を念入りにやっている。

衿や脇の縫い代をカットしていない。

手縫いの為、解いて仕立て直しなどが可能。

などがあります。

例えば・・一番目に付く「掛け衿」の柄選び。

これが「衿」になる布です。
s-15311_0481.jpg

s-15311_0484.jpg

s-15311_0485.jpg


このお花の柄を、少し上に上げるとか下げるとか・・それだけでも悩んでいます。

衿後ろ部分には「芯」が入ります。(海外製には多分入っていないのでは?)
s-15311_0486.jpg

おくみ部分の縫い代も畳み込み、折っています。

s-15311_0487.jpg



厚さも出来て、しっかりした「衿」になります。

s-15311_0488.jpg



左胸はやはり賑やかにしたいし・・・右胸はあっさり・・

s-15311_0491.jpg

右肩の衿の直ぐ下・・帯び結びの上も賑やかにしたいのです。

s-15311_0492.jpg


でも、一反の長さは12メートル内外と決まっていて柄も様々です。現代は「柄合わせ」が楽な感じの全体柄が多くなっている気がします。(何処も賑やかな感じ)そして、身長は140センチくらいから~~170センチ近くまでの間の浴衣を仕立てるので、中々難しい時もあります。

s-15311_0493.jpg

手縫い仕立てなら自分の身長や太り具合に合ったサイズなので・・また縫い代をカットする事も無いので・・襟元もピシっとして(くにゃくにゃじゃないです)気持ちよく着れると思います。






今回は納得行く感じに出来たと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: