So-net無料ブログ作成

洗い張りの状態 [着物のあれこれ]

着物を仕立て替える場合
洗い張りという専門の仕事があります。

私は市内の「紺米(こんよね)さん」にお願いしています。

東海道沿いで、昔から染物を扱っていたお店です。

このような状態で「洗い張り」出来た反物を受け取ります。

s-IMG_9781.jpg


紺米さんでは、着物を丁寧に解いて、元の長さに全部繋げて、洗い汚れを落とします。


それをぴんと張って伸ばし、乾かすのです。


このように繋げています。
s-IMG_9783.jpg



袖、見頃、オクミ、衿と繋げています。
s-IMG_9784.jpg


着物は型紙が無いですから。このようにまた一反の状態に戻ります。
s-IMG_9788.jpg

衿付けの部分、この「切り込み」を入れるだけです。
s-IMG_9791.jpg
二寸七分くらいです。


汚れたり、痛んだりした部分を、今度は違う場所にもっていく事も出来ます。
s-IMG_9789.jpg

s-IMG_9792.jpg

昔は着物から~羽織り~半纏~布団~オムツ??~お雑巾~~と最後まで使用していたのです。

今は、要らないとゴミ袋へ・・・。(ToT)/~~~

もっと大切にして欲しいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0