So-net無料ブログ作成

針と指貫(ゆびぬき)

「針と指貫」は両方とも私には無くてはならない物っ!!

どちらかが無ければ・・もう~お手上げ。(~_~;)何も出来ません。

針や指貫・・・一体何時?どこから?使われたのでしょう?
やっぱりこれらもシルクロードから伝わったのでしょうか~?

「舶来の針」は・・・
舶来の縫い針が大和に伝来し売り始めた最初は天正四年
だそうです。500年くらい大昔の事ですが・・・

あの秀吉様が若かりし最初の仕事が「針売り」だったのです。
信長さまの草履を懐で温めるずっと以前ですから・・
戦国以前~平安時代~もっと前・・・そもそも衣服を着用するようになってから・・日本独自の「縫い針」はあったのでしょうね。


針の種類も色々ありますが・・
s-IMG_5051.jpg


最近はこの針を使っています。
曲がりにくく・・折れ難いような気がします。

s-IMG_5050.jpg

和裁は中指の「指貫」とセットで使います。
私はこのタイプ。
s-IMG_6165.jpg
仕事場に入れば、一番に指貫をはめます。

s-IMG_6164.jpg
針をこう持って・・・

s-IMG_6163.jpg
針の頭を「指貫」が押していきます。

どんなに固い生地でも・・ミシンの針が通らない生地でも・・・
縫えちゃいます。
s-IMG_6154.jpg

ありがとう~日々「針と指貫」に感謝です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0