So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

レトロ感漂う長羽織 [仕立て]

朱色に大きな半円

とても粋な感じです。ポリエステル生地です。

IMG_0301.JPG

針通りが硬くて、中々大変でした。

きっとお似合いだと思うOさんの着姿が楽しみです。

s-IMG_0308.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

初宮参り掛け着物→三歳男児祝着 [七五三]

初宮参りの掛け着物を少し手直しして三歳で着られます。

今までも実例を上げてきましたが、

今回は了承を得て、少し細かく紹介させて頂きます。

こちらが初宮参りに抱っこして上から掛けられた、長襦袢と着物です。

22635222_1514302151994283_978266602_n.jpg
素敵なご家族。。


s-IMG_0110.jpg
身丈も長く、中々の雄雄しい柄が素敵です。

まず、長襦袢です。
s-IMG_0113.jpg
水色の内袖が付いていますが、こちらは子供が着るには重くなるので取り外します。


付け紐もそのままの位置では上過ぎるので取り外し、中の厚紙もとります。
s-IMG_0114.jpg

そして、白い半襟を付けます。
s-IMG_0116.jpg

K君の身長と手の長さを測っていますので、それに合わせて「肩上げ」「腰上げ」をしました。
長襦袢は短めにします。
s-IMG_0117.jpg
先ほど取り外した付紐も所定の位置につけ直しました。 袖も丸みをつくりました。


さて、着物です。
s-IMG_0118.jpg

まず、袖がこうなっておりますので
s-IMG_0119.jpg

袖口下からくけて丸みを縫って作ります。
s-IMG_0120.jpg

「肩上げ」「腰上げ」をして付紐も付け直します。この時に帯を結ぶことを考え、少し下目にします。
s-IMG_0121.jpg

下に長襦袢を着て、着物、袴のみレンタルの予定です。

s-FullSizeRender-ko.jpg

お宮参りの着物を持っている方には是非このような案を提案させて頂きます。
(勿論女児も可能、女児は被布を着用します)

勿論、こちらは元のお宮参り着物に戻すことが出来ます。
そういった事が着物の作りの凄い所だと思います。
nice!(0) 

久しぶりの訪問着 [仕立て]

とっても久しぶりに訪問着の仕立てをしました。

今、呉服屋さんではほとんどが「仕立て付き」の販売になっているらしく・・

反物だけ購入して仕立てを知り合いの仕立て屋さんに頼むという事は無くなっているように思います。

その時、海外縫製か国内縫製かどちらにしますか?と問われるようです。

こちらは、ご近所の方が長い間押入れにしまってあったものでした。

自分の為にと購入したものが、嫁を越え、、、孫用にと、お仕立てさせて頂きました。

お孫さんが着てくださると嬉しいです。

掛け衿の柄を繋げて合わせている所です。

s-22449721_1309780252499196_7423463919163637352_n.jpg


s-22528088_1309780302499191_5925290196832415874_n.jpg
nice!(0) 

二部式の着物 [仕立て]

外出は車椅子で活動しているAさん。

お母さんがネットで見つけたこの反物、なんとこのふくら雀が丸々として可愛いです。

つむぎという表示ですが、ウール96% ナイロン4% の素材です。

s-IMG_9876.jpg

この夏に、初めて二部式の浴衣を縫わせて頂いたのですが・・

とても脱ぎ着が楽でよかった!と。

s-IMG_9875.jpg

s-IMG_9878.jpg


浴衣も着物の大好きなAさん、今度はどちらへお出かけでしょうか?楽しみですね。
nice!(1) 

着物→洗い張り→長羽織 [仕立て替え]

長身のMさんからの依頼で、着物から長羽織を仕立てました。

まず洗い張りのお店にお願いして、解き、洗い、張り、一反の反物の状態にして頂きました。

s-21616480_1287171548093400_3665613216874766686_n.jpg

s-21617864_1287171731426715_9053358846139269985_n.jpg

s-21617687_1287171438093411_5448938023418458175_n.jpg


羽裏は新しい物を用意されました。


・着物の身頃はそのまま見頃として、前身ごろから「袖口、マチ」を欠きます。

・丈が長いのでそのまま折り返し分として使います。

・袖もそのまま使用

・一番やりくりしたのは着物の「衿とおくみ」だった部分・・やはり汚れがありました。

s-21558569_1287171748093380_8805359419289563341_n.jpg

ミシンではいで、一枚の布にして仮に折りたたんでみました。
最初の折り方では、汚れがちょうど襟元に来てしまいました。。

折り方を変えてみました。。。なんとか裏側に入ってくれました。

着物からの仕立て変えだと、羽織の衿のはいだ部分が背中心に出てしまう。という事がありますが、問題なく出来る事だと思います。

nice!(0) 

様々な浴衣 [女性木綿・ゆかた]

この夏縫わせて頂いた浴衣です。

初めて誂えますという男性も数名いらっしゃいました。
浴衣デビューを無事に済ませられた事と思います。

s-IMG_9244.jpg


今まではずっとお母さんからのお譲り物を着ていたという娘さんもいらっしゃいました。

s-IMG_9245.jpg

s-IMG_9248.jpg

個性的な柄は、ぴったりはまる方に出会うと嬉しいですね。

s-IMG_9250.jpg

雨の多い8月でしたが

みなさん楽しんでくれた事でしょう。


nice!(0) 

お盆前の締めくくり浴衣と帯 [女性木綿・ゆかた]

お盆前の最後の仕立ては
この博多帯と浴衣でした。

パリッとして、柄は宝尽くしの縁起物、
そしてこれだけのシールが帯の内側に貼られていました。

シールを剥がして、内側に折込み、千鳥がけをして縫いとめます。

s-IMG_9468.jpg

s-IMG_9470.jpg

浴衣は小紋柄で「紅型調・源氏物語」というラベルがありました。
本染(注染)です。
このような表記が有る場合は、納品の時にお客様にお渡ししています。

s-IMG_9522.jpg

素材の表記もありますし、

洗濯のタグが付いているものは、下前の衿先近くに縫い付けます。

s-IMG_9523.jpg

小紋柄なので、柄合わせで悩む事も無かったのですが・・・
横に伸びるツタのような柄を、繋げるように置いてみました。

s-IMG_9454.jpg


浴衣と帯がとてもマッチしていると思いました。

s-IMG_9471.jpg


nice!(0) 

源氏車の襦袢 [お祭り衣装]

大祭りはまだ二年後ですが

とても良い生地にめぐり合っての祭り襦袢の仕立てをさせて頂きました。

大きな源氏車の絵柄の昔の長襦袢から

袖丈が長かったので、2着出来ました。

s-IMG_9140.jpg


nice!(1) 

レトロ感が素敵 [女性木綿・ゆかた]

ブログを見てくださっている方からの依頼でお仕立てさせて頂きました。

どうかすると、反物を持っていたが仕立てる機会が無かった。。

というような話しを聞きます。

今年はそのような浴衣に多く巡りあえたような気がしています。

Wさんの浴衣には、このようなラベルが・・・
FullSizeRender-yu.jpg

個人的にもとっても好きな柄でした。鮫小紋のような細かい点々(表現が下手ですみません)で描かれた模様でした。


もう一点は、ツバメです。あちこちにツバメが気持ちよく飛んでいます。
すこし染めムラがありましたので、着て目立たないような位置に考えながら、配置を決めました。

FullSizeRender-kata.jpg


この夏に、どちらも活躍されますように!



蜻蛉は勝ち虫! [女性木綿・ゆかた]

実は数年前から、知り合いのお店の在庫品の中にこの反物が有って・・

s-IMG_9141.jpg

とても好きで、何方か着ないかな~と思っていました。

今回!無事に素敵な女子中学生が着てくれる事になり!お仕立てさせてもらいました。


彼女は、お母さんとお姉さんと三人で歌う歌姫なんです。

蜻蛉は昔から「勝ち虫」

s-IMG_9142.jpg

戦国時代から、前だけにまっすぐ進む(飛ぶ)として、縁起物とされました。

彼女の、家族の縁起物となりますように!

s-IMG_9143.jpg


蜻蛉いっぱいの、紅白の市松柄。


亡くなったおばあちゃんの仕事を尊敬し、着付け師になる!と決めた小学生時代から着付けを習い・・・

どんどん自分で着ています。

s-IMG_9144.jpg

彼女の着姿が見れるのはいつ?

その日がとても楽しみです。
前の10件 | -